ライター野中(以下野):とばっちりですよね。自分は何もしていないのに……。

競馬ラボスタッフY(以下Y):止めようがないとは思うよ。だから、君もこのコーナーが怒られないように頼むよ。俺も巻き込まれたくない!

野:今週はついにアノ馬が登場。

Y:ノーザンホースパークマラソン大会の賞品にもなったアノ馬だね。

野:日曜札幌5Rはそのフラットレー(牡2、美浦・藤沢和厩舎)以外にも話題馬が揃いました。ノーザンF生産馬5頭出し。忖度ないんだよなぁー。

Y:それは気になった。

フラットレーはルメール騎手を背に札幌芝コースで1週前追い切り

フラットレーはルメール騎手を背に札幌芝コースで1週前追い切り

野:アドマイヤツルギ(牡2、栗東・須貝尚厩舎)はセレクトセールで9288万円(税込)だった馬。チェルヴァ(牝2、美浦・鹿戸雄厩舎)は8208万円(税込)という状況です。そこにサンデーRのレインボーナンバー(牡2、栗東・浅見厩舎)、庭先取引で青芝商事所有のクロックムッシュ(牡2、美浦・手塚厩舎)、キャロットFのフラットレーという具合。1800mの新馬はここと来週しかないので、ある程度は仕方がないのですが。

Y:順番をつけるとどうなるのかな?

野:一番、厳しいのはサンデーRのレインボーナンバーでしょうね。父のディープブリランテもメインストリームという訳ではないですし、母リアルナンバーはノーザンFを既に出ています。

Y:相変わらず思い切って切り口だとは思うけど(苦笑)、厳しい気はしてきたよ。

野:次に厳しいのはクロックムッシュではないでしょうか。青芝商事さんはノーザンFも社台Fの所有馬もいる状況です。いわゆるノーザン率が高い訳ではないですし、この馬は母も青芝商事さんが所有、きょうだい馬も所有されているので預託馬ではないでしょうか。預託馬は所有者に主導権があると思うので……。

Y:なるほど。

野:ここからは難しいのですが、チェルヴァはビッシュの半妹なので、窪田オーナーがご祝儀的な意味合いもあって買ったのかなという印象はありますね。中間はルメール騎手も乗っているほどなので、素質はありそう。じゃ、アドマイヤツルギかというと、母の産駒実績はありませんし、父がオルフェーヴルなので1着か着外かみたいなイメージがあるので差がつけにくい。

Y:となると、やっぱり、フラットレー?

野:ってなってしまいますよね。藤沢和厩舎は速い時計を出さない分、しっかりと乗り込みます。6月上旬に入厩してここまで乗っていた意欲は買いたいところ。もちろん、最近は外厩も発達しているので、厩舎に長くいることがいいとは限りませんが、手元に置いて管理して置きたかったというのはありそうです。

Y:ノーザンホースパークのマラソン賞品馬ということでPOG人気もしていたけどね。

野:ひとつ上のグランデセーヌ以外は全て勝ち上がっている母の仔ですし、ここで負けても使えばちゃんと勝利を挙げるはずですよ。そういった意味でもPOG人気をするのが分かります。

Y:今週はもう1頭、話題馬がいるよね?

野:土曜日新潟5Rのイダエンペラー(牡2、栗東・藤原英厩舎)ですか。

Y:もちろん、その馬もそうだけどさ。

野:じゃ、ミッキーパパイア(牝2、美浦・菊沢厩舎)?

Y:それもそうかも知れないけど。

野:うーん。ヴォウジラール(牡2、美浦・尾関厩舎)?

Y:ち、ちがうだろーーー(いや違わない訳ではありません汗)

野:落ち着いてくださいよ。いまさら、そんな古いギャグで怒らなくても。ひょっとしてタニノフランケル(牡2、栗東・角居厩舎)ですか?

Y:そうじゃないのか。ウオッカの仔なんだし。

野:フランケル産駒はソウルスターリングやミスエルテは出て優秀だとは思いますが、ウオッカは名牝なのは疑いようのない事実ですが、名繁殖なのかは疑問が残りますよね。

Y:でも、この馬は上のきょうだいよりも評判だったよ。

野:だけど、あの最終追い切りを見てしまうとね。成長を待ちましょう。この母の仔は2歳時は厳しいかと。半姉のタニノアーバーンシーですら、勝ち上がったのは3歳の5月……。

Y:まあね。そういった遅さは気になるよね。ただ、こういった現役時代走った母の仔が活躍してくれると嬉しいだけどね。

野:フランケルにウオッカなんて、そう簡単にできる配合ではないでしょうし。ただ、ワールドワイド過ぎで、JRAの枠に収まりきらない……。

Y:これ以上、話していると変な方向になりそうだから、次にいこう!

野:OPのレースではやっぱり、土曜札幌9Rのコスモス賞ですね。昨年はトラストの参戦もあり意外と盛り上がりましたが(!)、今年は何といってもステルヴィオ(牡2、美浦・木村厩舎)が参戦。

Y:普通に新馬戦は強かった。

野:ロードカナロアは血統的には中距離は大丈夫だと思うので(とはいっても、父のイメージを見据えながらの種付けなんでしょうが)、メンバーを考えると楽勝しても不思議はありません。地方馬はハッピーグリン(牡2、北海道・田中厩舎)が目立つ程度。JRA勢もヴィオトポス(牝2、美浦・田村厩舎)位しか……。

Y:なるほどね。フェニックス賞も一応。

野:注目しているのはレグルドール(牝2、栗東・杉山厩舎)です。九州産馬ですが、一般新馬を勝ち上がり。カシノマストと似たパターンですし、小倉2歳でも期待しているので、2、3着でお願いします!

Y:やっぱり馬券の話になってしまうのね(笑)。

野:POGやっていると、絶対に気付くことってあると思うんですよ。「この馬、ダート替わりで狙いたいな」とか、「6月東京ダートの新馬は荒れる傾向が強い」とか。「小倉2歳Sは九州産馬でも通用する場合」があるというのはポイントなので。

Y:小倉2歳Sの情報はまたお願いするよ。

野:最後にデビュー馬情報をちらほらと。ミスエルテの半妹ミカリーニョ(牝2、美浦・木村厩舎)は20日(日)芝1800m戦から19日(土)、芝1500m戦にスライド。ルメール騎手を予定しています。そこにはイルーシヴグレイス(牝2、美浦・堀厩舎)がモレイラ騎手で。スライドの影響で結構ガチな対決が見られるかも知れません。

Y:1800m戦以上に熱い新馬になるかも知れないね。