先週はメイスンスパートで一勝出来ました!今まで勝ち切れないレースが続いていましたが、なんとか決められて何より。ただ、馬そのものは道中も直線でも耳を絞っていたほど。イヤイヤ走らされている部分もありましたが、しぶとく凌ぎきってくれました。

さて、今週ですが、土日で12鞍に騎乗もテン乗りの馬が多く、話題が少なく申し訳ありません……。質問などいただければ、ドンドン答えていきたいと思います。

土曜中山2R(3歳未勝利)のアイティプリンセスは4度目のコンビ。力を出し切っていないといいますか、気持ちの問題がつきまとうタイプ。もっとやれて不思議ではないと思うんです。最終(4歳上1000万下)のウィズエモーションは近走がワンパンチに欠けていたものの、前走は収穫。引き続き同じ条件で期待したいです。

先週の競馬では、メリートーンは昇級初戦でどこまでやれるか期待していたのですが、9着。やはりクラスが上がると楽ではないですし、中団くらいで流れに乗れるような競馬を出来るようにならないといけないのかもしれません。ただ、中1週でローテーションに余裕があったわけではありません。ここから力をつけていってほしいです。

コイヲダキシメヨウは懸念していたように右にモタれて仕方なかったですね。能力だけで走っている状態。よくぞ2着に来たと思います。牧場での育成時代はもっと乗りづらかったと聞くだけに、それを思えば、時間は掛かるかもしれませんが、良くなってくれるはず。ひとまず、レースは左回りのほうが現状は良いですね。

ゲンパチマサムネは競馬が一戦ごとに上手くなっていますね。今回は勝ち馬の強さに屈してしまいましたが、これなら次こそは、と楽しみなところですよ。

読者の方から「血統は気にしますか?」という質問をいただきました。正直、あんまり気にしないですね!オープンの馬でも、父馬を知らなかった馬がいたほど。どれとは言えませんが^^;それよりも、乗った感触を大事にして、騎乗には活かしていきたいと思っています。

ただ、傾向でいえば、ディープはやはりいい馬が多いですし、ネオユニヴァースやステイゴールドの牝馬は難しいイメージ。ダイワメジャーならば、長く脚を使う印象はありますね。それぞれに特性があるのは事実ですし、それを把握しておくのも悪いことではありません。

今後のスケジュールですが、中京1週目は乗りにいきます。金鯱賞(G2)ルミナスウォリアーに乗せていただくことになりました。そういえば、今日、耳にしたところアルビアーノが引退とのこと。また、来週は過去のエピソードなども触れられればと思います。

ここで競馬ラボからのお知らせです。先日、JRA通算500勝を達成した柴山雄一騎手に読者の皆様からの質問・応援メッセージを募集いたします!競馬の深~い話、趣味の話題など内容は問いません。

もちろん、複数質問もOK!応募は以下のアドレスに「柴山騎手質問係」と記して、お名前(ペンネーム)、質問内容をお書き添えの上、メールでお送りください。たくさんのメールをお待ちしております。
funfunkeiba@keibalab.jp

※次回は3月3日(金)に更新予定です!