先週はフェアリーSなどチャンスがあったものの、未勝利に終わってしまいました。思うようにいかず、残念ではありますが、結果を受け止めつつ、今週、巻き返せるよう頑張りたいです。

まず、京成杯(G3)サーベラージュは調教にも乗っていないので、あくまで印象といったところですが、新馬戦は強い内容でしたね。競馬も上手だと思いますし、中山ニ千のコースも克服してくれそうだと思います。また、厩舎サイドにも事前に打ち合わせたいと思いますが、僕自身も重賞は余計に勝ちたいですからね。力が入るところです。

柴山雄一

▲木曜の最終追い切りはウッドコースで併せ馬を行うサーベラージュ(手前)

同じく日曜4R(4歳上500万下)のギンゴーは、正直にいえば、展開の助けなどが欲しいところですが、成績は安定してきていますからね。引き続き良い勝負をしてくれるのではないでしょうか。

土曜の騎乗馬では、菜の花賞のラッシュハートは気のいい馬で距離は心配ですが、中山ならこなしてくれれば。昇級と距離が変わって、どこまでやってくれるでしょうか。

3R(3歳未勝利)のデルマタッシャデナはまだ緩さがあるものの、未勝利を勝てる力は持っていると思います。子供っぽさが抜けてくれば、もっと前進できそうですね。

先週の振り返りですが、コーラルプリンセスはリズムよく運べませんでしたね。ゲートは出てくれたものの、そこから二の脚がつかず、後手後手の競馬に。道中は勝った馬の後ろにいて、そこから一緒に伸びてくれてもおかしくはないものですが、小足を使えない脚質も堪えた感じ。馬場もそう悪くなかったですし、内枠が災いしてしまいました。

柴山雄一

▲コーラルプリンセスは3番人気に支持されるも無念の8着

土曜のジェベルムーサも敗因がわからないです。3コーナーから全然ハミをとってくれませんでした……。中山も得意ですし、チャンスだと思っていたのですが。

その他の馬では、プライムセラーは気の悪さをみせてしまいました。もともとそんなところはあったのですが、3コーナーから一気に手応えが怪しくなり、気難しいところを出してしまったようです。調教でも立ち止まったりと、難しいところもあったようで、去勢がいい方に向いてくれることを願いたいです。

ニシノカブケは道中で伸びてくれそうで、そこからが案外。とにかく、いい成績を残せると思っていた一週間でしたが、不本意な結果ばかりで本当に残念ですし、申し訳ないです。

また、次週はアメリカJCC(G2)ルミナスウォリアーとのコンビ。中山金杯に出ていれば、いい勝負になったという思いもありますが、脚質的には1F延びることで、コース替わりは大歓迎。今週、来週といい結果を残せたら最高です。頑張ります!

※次回は1月20日(金)に更新予定です!