新規会員登録

ジャパンダートダービー

JDD出走馬の強み・弱み

  • サンライズノヴァ(JRA)

    (牡3、栗東・音無厩舎、戸崎)

    ○前走ユニコーンSは差して圧勝。ダート6戦中5戦で上がり2位以内の末脚は強烈
    △3勝すべて軽いダートで地方の馬場?昨年11月のデビューから馬体重20キロ減

  • サンライズソア(JRA)

    (牡3、栗東・河内厩舎、川田)

    ○ダート3戦2勝で4着以下なし。前走ユニコーンSでも3着の安定した先行力
    △外枠からスムーズな競馬多く、モマれた経験少ない地方のダートは未経験

  • タガノディグオ(JRA)

    (牡3、栗東・宮厩舎、川島信)

    ○前走の兵庫CSを差し切り勝ち。ダート1800m以上で8戦連続連対中
    △初勝利は6戦目。500万下突破も3戦を要した勝ち味に遅いタイプ

  • リゾネーター(JRA)

    (牡3、美浦・牧厩舎、木幡巧)

    ○デビュー2戦目から3連勝した能力は非凡。伏竜Sはサンライズノヴァに完勝
    △前走兵庫CSはタガノディグオから2秒1差の4着。地方の小回り適性?

  • ノーブルサターン(JRA)

    (牡3、栗東・牧浦厩舎、鮫島良)

    ○前走兵庫CS(2着)、3走前の500万下(1着)は逃げて好走。行ければしぶとさ発揮
    △伏竜Sでリゾネーター、サンライズノヴァに完敗。相手強化でどこまで

  • ローズプリンスダム(JRA)

    (牡3、美浦・畠山吉厩舎、大野)

    ○前走の鳳雛Sは最低人気でサンライズノヴァら強敵を撃破。接戦に強い
    △ダート全5戦で上がり3位以内なし。速い脚使えず展開の助け必要

  • シゲルコング(JRA)

    (牡3、美浦・松永康厩舎、内田博)

    ○中央マイル重賞でも逃げを打てるテンのスピードは抜群。全日本2歳優駿2着
    △1800m以上は3戦すべて着外。2勝は1200m、1400mで距離に不安あり

  • ヒガシウィルウィン(船橋)

    (牡3、船橋・佐藤賢厩舎、本田重)

    ○今回と同条件の東京ダービーで6馬身差の圧勝。大井3戦2勝2着1回と得意
    △全日本2歳優駿はJRA勢相手に4着。森泰斗騎手が負傷で乗り替わり

  • キャプテンキング(大井)

    (牡3、大井・的場直厩舎、矢野貴)

    ○中央で2勝して地方移籍初戦の羽田盃を制す。常にメンバー上位の上がり
    △2000mの東京ダービーではヒガシウィルウィンに1秒3差の完敗。距離?

  • ブラウンレガート(大井)

    (牡3、大井・阪本一厩舎、的場文)

    ○デビューから8戦連続3着以内。1200m~2000mまで距離問わず堅実
    △前走東京ダービーは3着も勝ち馬から1秒4差。さらなる相手強化で

ジャパンダートダービー過去10年の結果

年月日(馬場) 着順 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 調教師(所属) 人気 オッズ 上3F 通過順位 オッズ 馬体重
2016年
7月13日
(良)
1 7 キョウエイギア 牡3 56 戸崎圭太 矢作芳人(JRA) 4 14.2 38.5 4-4-5-4 14.2 485(+5)
2 13 ケイティブレイブ 牡3 56 武豊 目野哲也(JRA) 3 4.8 39.8 1-1-1-1 4.8 495(+11)
3 6 ゴールドドリーム 牡3 56 川田将雅 平田修(JRA) 1 2.3 39.6 6-6-6-6 2.3 518(+6)
2015年
7月8日
(不良)
1 9 ノンコノユメ 牡3 56 ルメール 加藤征弘(JRA) 2 2.8 37.3 8-8-6-6 2.8 448(±0)
2 6 クロスクリーガー 牡3 56 岩田康誠 庄野靖志(JRA) 1 1.6 38.7 1-1-1-1 1.6 463(+4)
3 12 ラッキープリンス 牡3 56 今野忠成 小久保智(浦和) 6 59.3 39.5 3-4-3-2 59.3 459(-3)
2014年
7月9日
(稍重)
1 10 カゼノコ 牡3 56 秋山真一郎 野中賢二(JRA) 2 5.1 36.5 13-12-8-7 5.1 454(+4)
2 9 ハッピースプリント 牡3 56 吉原寛人 森下淳平(大井) 1 1.4 37.2 3-3-2-2 1.4 524(+4)
3 8 フィールザスマート 牡3 56 田中勝春 新開幸一(JRA) 6 15.9 36.7 7-8-7-5 15.9 504(+8)
2013年
7月10日
(良)
1 5 クリソライト 牡3 56 内田博幸 音無秀孝(JRA) 1 2.2 37.4 5-4-3-1 2.2 493(-5)
2 10 エーシンゴールド 牡3 56 川田将雅 野中賢二(JRA) 2 2.8 38.6 9-8-4-5 2.8 515(-3)
3 16 ケイアイレオーネ 牡3 56 幸英明 西浦勝一(JRA) 5 18.9 38.6 13-13-7-4 18.9 548(+6)
2012年
7月11日
(良)
1 11 ハタノヴァンクール 牡3 56 四位洋文 昆貢(JRA) 1 2.9 36.0 6-6-7-6 2.9 493(+9)
2 7 トリップ 牡3 56 小牧太 松田博資(JRA) 4 6.1 36.6 2-2-1-1 6.1 495(+1)
3 8 アートサハラ 牡3 56 今野忠成 荒山勝徳(大井) 7 44.9 37.2 7-7-2-2 44.9 534(+4)
2011年
7月13日
(良)
1 11 グレープブランデー 牡3 56 横山典弘 安田隆行(JRA) 1 2.3 37.2 4-4-3-2 2.3 516(+10)
2 9 ボレアス 牡3 56 武豊 吉田直弘(JRA) 4 7.7 37.0 8-8-7-4 7.7 467(+5)
3 7 タガノロックオン 牡3 56 川田将雅 松田博資(JRA) 3 6.7 37.1 6-6-8-7 6.7 504(+4)
2010年
7月14日
(重)
1 11 マグニフィカ 牡3 56 戸崎圭太 川島正行(船橋) 6 20.8 37.8 1-1-1-1 20.8 514(+2)
2 8 コスモファントム 牡3 56 内田博幸 宮徹(JRA) 3 8.5 37.7 4-4-2-2 8.5 506(+22)
3 4 バトードール 牡3 56 安藤勝己 池江泰寿(JRA) 5 10.9 37.5 3-3-4-4 10.9 524(+4)
2009年
7月8日
(稍重)
1 3 テスタマッタ 牡3 56 岩田康誠 村山明(JRA) 4 11.8 36.8 5-7-6-6 11.8 487(+3)
2 8 シルクメビウス 牡3 56 田中博康 領家政藏(JRA) 2 3.2 37.3 7-6-5-5 3.2 476(+4)
3 12 ゴールデンチケット 牡3 56 武豊 森秀行(JRA) 3 3.9 38.3 1-1-1-1 3.9 485(+5)
2008年
7月9日
(不良)
1 11 サクセスブロッケン 牡3 56 横山典弘 藤原英昭(JRA) 1 1.2 36.6 2-2-2-1 1.2 514(+12)
2 8 スマートファルコン 牡3 56 岩田康誠 小崎憲(JRA) 3 15.5 37.0 4-3-3-3 15.5 489(+13)
3 7 コラボスフィーダ 牡3 56 左海誠二 岡林光浩(船橋) 7 33.4 38.5 8-6-6-3 33.4 501(-2)
2007年
7月11日
(不良)
1 14 フリオーソ 牡3 56 今野忠成 川島正行(船橋) 3 6.4 37.7 2-2-1-1 6.4 500(-3)
2 10 アンパサンド 牡3 56 戸崎圭太 池田孝(川崎) 2 5 37.9 7-7-3-3 5 468(-2)
3 1 ロングプライド 牡3 56 武豊 小野幸治(JRA) 1 1.5 38.5 8-8-4-4 1.5 505(+3)

過去10年でJRA馬【8-8-7-34】VS地方馬【2-2-3-73】となっていて、JRA馬が6連勝中と力の差は歴然。その間に馬券に絡んだ地方馬は、15年に3着のラッキープリンス、14年に2着のハッピースプリントがその年の東京ダービー覇者、12年に3着のアートサハラも羽田盃を勝利していたように、南関東の牡馬クラシックでトップクラスの実績を残していた。今年は、東京ダービーを制したヒガシウィルウィン、羽田盃を制したキャプテンキングが迎え撃つ形となる。
人気に関しては1番人気馬が【4-2-2-2】と圧倒的。2番人気【2-3-0-5】も連対率50%、3番人気【1-3-2-4】も複勝率60%。ただ、1~3番人気で決まったのは過去10年で一度のみ。上位人気を信頼しつつ点数を抑えて狙ってみたい。