新規会員登録

機密データファイル

過去10年攻略データ

1953年に中京開設記念として創設。翌年から中京記念と名称が変更され、1958年に「中京競馬場開設5周年記念」の名称で施行した以外は中京記念で施行されている。施行時期や距離、コースが何度か変わっているが、2012年より施行時期が現在の7月となり、距離も1600mに短縮。「サマーマイルシリーズ」の開幕戦にもなっている。ここでは距離がマイルに変更された2012年以降のデータから勝ち馬を導き出したい。

米子S組が好相性

[前走レース]春のマイル路線の王道である安田記念、京王杯SCから参戦して、それぞれ勝ち馬が出ているのはさすがだが、サマーシリーズらしく馬券に絡んだ馬の前走はほとんどがオープン特別。特に米子Sからの参戦が好走馬を多く輩出している。
サマーシリーズと言えど、前走条件クラスからの参戦は苦戦していて、やはりオープンでのキャリアがある程度といえる。

前走レース別成績
レース名 成績 勝率 連対率 複勝率
米子S2-2-1-1311.1%22.2%27.8%
パラダイスS1-1-1-107.7%15.4%23.1%
京王杯SC1-0-0-233.3%33.3%33.3%
安田記念1-0-0-420.0%20.0%20.0%
谷川岳S0-1-0-10.0%50.0%50.0%
都大路S0-1-0-00.0%100.0%100.0%
エプソムC0-0-2-60.0%0.0%25.0%
湘南S0-0-1-00.0%0.0%100.0%

年齢別成績 前走着順別成績
年齢 着別度数 前走着順 着別度数
3歳0-0-0-3前走1着2-1-3-7
4歳0-0-2-5前走2着0-0-0-4
5歳3-3-0-27前走3着0-0-0-4
6歳2-1-3-17前走4着0-0-1-8
7歳0-1-0-8前走5着1-1-0-8
8歳以上0-0-0-5前走6~9着1-2-1-19
前走10着~1-1-0-15

過去10年注目データ

[馬齢]出走頭数が多い5~6歳馬がやはり成績優秀で5歳馬が3勝、6歳馬が2勝。連対こそないが賞金面で不利な4歳馬も7頭が出走して3着2回と健闘を見せている。中心は5~6歳馬と見るのが妥当だろう。

[前走着順]前走から連勝を果たした馬が2頭いる一方、残る3頭は5着以下から巻き返して勝ち名乗りを上げている。サンプルが少ないとはいえ、2~4番人気の馬が連対ゼロとかなり苦戦しているのが目立つ。
前走5着以下から馬券に絡んだ8頭のうち15年2着のアルマディヴァン以外の7頭は重賞で3着以上の実績を持っていた。重賞好走の実績を持つ馬は前走崩れていても軽視は禁物。

[枠順]枠番別では8枠が2勝。1、3、7枠が勝利を挙げている。3着馬は5枠が2回、3、4、6枠がそれぞれ1回と中枠から出ている。
馬番別で馬券絡みゼロは「3」「4」「11」。勝ち馬は外めの枠が多いが、馬券圏内という括りでは、ほぼフラットと見ていい。

[脚質]上位入線馬の脚質はハッキリとしていて、長い直線を生かして4角10番手以下からの差しもバシバシ決まっている。先行してそのまま押し切ったのは15年のスマートオリオンのみ。ゴール前で差し馬の決め手に屈している。
4角先頭の馬は1度も馬券絡みがないのだが、14年は最低人気のティアップゴールド、15年15番人気のエールブリーズがともに少差で踏ん張っている。どちらも重賞で好走経験があり、ここでもその地力の一端を見せていた。

1~4番人気の連対がゼロ!

まだ5年のサンプルしかないとはいえ1~4番人気の連対がゼロ。更に驚くのは1~2番人気の馬券絡みがまだ1度もないこと。過去5年のうち4年が20万円を超える高配当で穴党垂涎のレースとなっている。
これまでの傾向として、実績馬が人気を落として馬券になっており、ハンデ戦ながら軽量馬の活躍は多くない。人気落ちの実力馬を丁寧に拾っていくのが好配当的中のポイントといえるかもしれない。

人気順別成績
人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気0-0-0-50.0%0.0%0.0%
2番人気0-0-0-50.0%0.0%0.0%
3番人気0-0-2-30.0%0.0%40.0%
4番人気0-0-1-40.0%0.0%20.0%
5番人気2-0-1-240.0%40.0%60.0%
6~9番人気3-2-0-1515.0%25.0%25.0%
10番人気~0-3-1-310.0%8.6%11.4%

プラスαデータ

人馬とも関西優勢

過去5年、関西馬が4勝、2着4回、3着5回と馬券圏内を席巻しているのだが、関東馬はわずか13頭の出走しかなく、その中で1~2着馬を出して、15年はワン・ツー・フィニッシュを決めている。
ジョッキーの方も数に勝る栗東所属が4勝、2着5回、3着5回。美浦所属のジョッキーで唯一の馬券絡みが14年の勝ち馬サダムパテックに騎乗した田中勝騎手。人気馬の騎乗もあるのだが、中京遠征があまり実ってはいない。

[キャリア]5~6歳が優勢とあって、好走馬のキャリアも多くなっていて勝ち馬の最少キャリアは昨年のガリバルディの15戦。最多キャリアは14年サダムパテックの25戦。これまでの傾向を見ると、ある程度のキャリアを必要としているようだ。

[乗り替わり]数の上では前走からジョッキーが乗り替わった馬が活躍しているのだが、前走と同じコンビが29件に対して、乗り替わりが51件と乗り替わりのケースが非常に多く、勝率、連対率は前走と同じコンビの馬の方が圧倒的に高くなっている。

[当該コースの騎手成績]2012年以降に行われた中京芝1600mの最多勝ジョッキーは福永、川田、浜中騎手の3人で9勝。以下、7勝のM.デムーロ騎手、6勝の北村友、小牧太、菱田騎手と続く。上位4人のアベレージはほぼ変わらないのだが、この中でM.デムーロ騎手の単勝回収率が100%を超えているのは注目。イメージ以上に美味しいジョッキーになっている。

[馬体重]勝ち馬は全て480キロ以上で、500キロ以上の馬が3勝。大型馬がかなり優勢の数字が出ている。440キロ未満の馬は出走が1頭もなく、460キロ未満まで馬券絡みはゼロ。最後の坂を克服するパワーが必要とされる。

[種牡馬]フラガラッハの連覇があってデュランダルが2勝。勝鞍はないが、キングカメハメハ産駒はミッキードリームの2着2回を含む3度の2着。複数の馬券絡みがある種牡馬はこの2頭。過去3年の中京芝1600m全体の勝鞍トップはキングカメハメハの8勝で、以下7勝のディープインパクト、6勝のダイワメジャー、マンハッタンカフェと続く。

[ハンデ]トップハンデの馬は14年サダムパテックの1勝。トップハンデではないが57キロを背負った馬が3勝していて、実力馬が結果を残していることを表している。迷ったら軽ハンデの馬よりも実績を重視したい。

データの決断

現在の施行時期、距離となってまだ回が浅く、傾向が掴みづらいレースだが、過去の好走馬のデータに多く重なる5歳馬・ダノンリバティを中心に取り上げたい。前走2~4着馬が不振というデータには当てはまってしまうが、血統、馬格、実績は申し分ない。昨年5着の悔しさを晴らす時がやってきた。