新規会員登録

コースデータ

阪神競馬場 ダート1200m
阪神競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

向こう正面の2コーナー出口からスタートして3コーナーまでの距離は342m。スタート後200mは平坦で、その後は緩い下り坂が続き、ゴール前に急坂が待っている。最後の直線は352m。

脚質は逃げ・先行が有利。ダートの短距離ゆえに前傾ラップとなるのだが、スタート後の直線が短いためか、同じ阪神ダート1400mに比べてもそこまでテン争いは激しくならない。1400mで速いペースを経験した逃げ・先行馬の距離短縮が穴の狙い目になる。一方で、最後の急坂が控えるだけに、京都のダート1200mよりは前残りにはなりにくく、クラスが上がるとこの傾向が顕著になる。

枠は4枠の勝率が少し高いことを除けばほぼフラット。好位から器用に立ち回れる馬を狙いたい。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ
年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F R3F差 1上り
2歳 新馬 10 1.13.0 36.0 36.9 0.9 36.8 8 16 6 0
未勝利 26 1.12.7 35.5 37.2 1.7 36.9 16 38 23 1
3歳 新馬 8 1.13.4 36.2 37.1 0.9 37.0 6 15 3 0
未勝利 72 1.12.8 35.5 37.2 1.7 36.9 39 104 61 12
500万 18 1.12.1 35.1 37.0 1.9 36.6 11 21 19 3
混合 500万 62 1.11.7 35.0 36.6 1.6 36.1 24 76 66 20
1000万 35 1.11.2 34.7 36.5 1.8 35.9 12 42 40 11
1600万 19 1.11.0 34.6 36.3 1.7 35.6 4 19 19 15
オープン 10 1.10.5 34.5 35.9 1.4 35.3 3 10 8 9

買いの法則

クリストフ・ルメール
騎手
騎乗回数こそ少ないが【5.4.3.13】で連対率36.0%。馬券率でみても2回に1回は絡んでくるレベル。よく比較されがちなミルコ・デムーロ騎手と比較しても、好走率はルメール騎手が上回る。
池添学
厩舎
開業して約3年ばかりだが【7.0.1.14】で勝率31.8%の成績。素質馬も抱えている期待の厩舎で、今後の成長も見守りたい。

消しの法則

川田将雅
騎手
阪神全体の勝率が17.7%に対し当該コースでは9.5%と極端に落ち込んでいる。
プリサイスエンド
産駒
【1-3-3-47】と出走機会はありながらも勝率1.9%と勝ち切れず。複勝率も13%と物足りない。
上記の集計は2014年~2017年3回阪神/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右は1~3着馬の脚質シェア

阪神競馬場

阪神競馬場
芝コース
ダートコース