新規会員登録

コースデータ

阪神競馬場 ダート2000m
阪神競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

芝内回りの4コーナーポケットからスタート。最初の芝部分がおよそ80mと長くないため、純粋なダート馬でもあまり無理することなくポジションが取れる。1コーナーまでの距離はおよそ500mで、平坦部分が1800mよりも長いため前半のラップは2000mという距離からすると速く流れる。ただ、その後はペースが落ち着き、最後は決め手比べ。もちろんゴール前には急坂が待っているため、スタミナも問われる。

脚質は好位で脚を溜めることが出来る先行馬が有利。枠番別ではなぜか7枠の勝率が頭一つ抜けている。また、5枠より外の4枠の単勝回収率がプラスとなっている。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ
年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F R3F差 1上り
3歳 未勝利 8 2.06.2 35.7 38.4 2.7 38.0 1 17 6 0
混合 500万 19 2.05.6 35.9 37.7 1.8 37.4 4 32 16 5
1000万 12 2.04.7 35.6 37.2 1.6 36.8 5 17 12 2
1600万 4 2.04.3 35.6 37.6 2.0 37.2 2 4 4 2
オープン 10 2.03.4 35.8 36.5 0.7 36.1 3 17 8 2

買いの法則

福永祐一
騎手
特定の馬で残した成績ではないが【6.2.2.7】で勝率35.3%は脅威的。単勝回収値も415と妙味もタップリだ。
キンシャサノキセキ
産駒
中山ダート1800mなどでもいえることだが、意外とダートの長丁場が合う。【2.2.2.6】で連対率は33.3%。今後、どんな成績をたどるかも注目だ。

消しの法則

武豊
騎手
人気馬の騎乗機会が多い中で【1-2-1-13】勝率5.9%・単回収値32、複勝率23.5%・複勝回収値50はなかなか狙いづらい。
アグネスデジタル
産駒
施行回数が少なめの条件。上位人気馬の出走数を考慮すると【0-1-1-10】では物足りない。
上記の集計は2014年~2017年3回阪神/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右は1~3着馬の脚質シェア

阪神競馬場

阪神競馬場
芝コース
ダートコース