新規会員登録

りかのスーパーホースを探せ★

天皇賞(春)はずっと応援している馬さんに◎

GWですね!お天気も良さそうですし、皆さんどこかにお出掛けされるのでしょうか。私はいつもと変わらず、家族サービスならぬ娘サービスとなりそうです。今週の予想は晩春のG1天皇賞(春)。2強と盛り上がる今回ですが、はたしてどの馬さんが勝つのでしょうか。

⑮サトノダイヤモンド

3歳の時から応援している馬さんなので、今回1番のライバルとなりそうなキタサンブラックには勝ってほしい笑!まだ4歳馬ですので、当レースの経験は初めて。ですが、同じ京都で3000mの菊花賞を勝利している点は心強いです。その最後の直線では、手応え十分に抜け出して他馬を寄せ付けない走りでした。今回はさらに距離延長しますが、菊花賞の力強いゴール前を見れば、プラス1ハロンに不安は感じられません。有馬記念でキタサンブラックを破った一戦も入れて重賞4連勝中。この勢いのまま勝ってほしいです!

③キタサンブラック

大阪杯の勝ちっぷりはシビれました。直線で早めに先頭に立つと勢いを保ったまま、後続に並ばせず押し切りました。こんな横綱競馬を見せられたら、天皇賞(春)も期待してしまいます。ただ、サトノダイヤモンドには有馬記念でクビ差ですが負けています。勝負は厳しいのです(キタサンブラックに厳しい私)!今回も1番人気だと思うのですが、あまりに人気をすると、先日行われた桜花賞のソウルスターリング(1.4倍の1番人気・③着)の悪夢が蘇るので、怖くて本命にはできません。昨年の覇者ですし、凡走は考えにくいのでこの印です。

⑥シュヴァルグラン

前走の阪神大賞典では②着。③着以下には差を付けているので、勝ち馬サトノダイヤモンドが強すぎたという印象でした。そしてなんと言っても、昨年の当レース0.2秒差の③着の馬さんです。今年も強敵相手ですが馬券に絡んでくれそう。鞍上の福永騎手いわく「前走は悪くない内容。スタートがあまり速くない方だったけど、スタートの一歩目が速くなった」そう。この走りなら、昨年の僅差を埋められるはずです。

①シャケトラ

キャリア6戦目となった前走の日経賞で、初の重賞制覇を決めました。外を回って差し切ったレース内容も素質の高い馬さんだと感じます。追い切りも気迫に満ち溢れて、切れる脚を披露してくれました。今回初めて58キロを背負いますが、前走も53キロから55キロとプラスでも強い勝ち方だったからと陣営は心配していないようです。頼もしい……。実績では他馬に劣る点はありますが、馬券圏内をまだ外していないですし、充実著しい上がり馬なので、今回どんなレースとなるか注目です。

⑦アルバート

ダイヤモンドSでは、58キロの斤量を背負って大外を回って差し切った馬さん。強い!長距離は元々得意ですので、昨年(⑥着)以上の結果を期待しています。

押さえの△は⑯レインボーライン。最後の一頭はゴールドアクターと迷ったのですがこちらに。菊花賞はサトノダイヤモンドの②着。またダイヤモンドに続いてゴールしてくれないかな。

キタサンBに感服しました

1着 キタサンブラック
2着 シュヴァルグラン
3着 サトノダイヤモンド
馬連1040円 3連単3780円


3連系であれば○▲◎の的中ですが、あれだけサトノダイヤモンドを推してキタサンブラックに厳しい評価をしてまったのですから、馬さんに謝らなくてはいけません。大レコードでの2連覇、恐れ入りました。そして、なかかなお目にかかれない、スタートからゴールまで締まった素晴らしいレースだったと思います。本命ダイヤモンドの惜しむらくは枠順。競馬にタラレバは禁句でも、来年また逆の枠順でこの対戦を見てみたいです。

この記事に取り上げられているレース

バックナンバーbucknumber

一覧へ