新規会員登録

水上学の血統トレジャーハンティング

【フローラS】メジロ牝系の底力

水上学の血統トレジャーハンティング

日曜東京11R フローラS(G2)(芝2000m)

◎$本命馬&お宝馬
⑪ビルズトレジャー
(牝3、美浦・田中剛厩舎、田中勝騎手)
桜花賞前の評判とは一変、3歳牝馬戦線も混戦となってきた。桜花賞上位馬にはオークスでどうこうと感じさせる馬が少ないように見え、今年はフローラS組からも十分チャンスがありそうだ。
どの馬もここでの権利取りを必要とするが、その中でも⑪ビルズトレジャーの底力に期待する。

フローラSは、どちらかというとダート要素よりも芝の力の要るところで真価を発揮するような血統の好走が目立つレースだ。ビルズトレジャーは、ここ2走牡馬と重賞で揉まれて0秒6,7のところに来ているだけでも、桜花賞ではなくオークスを意識してきたことが見えるが、血統は父が5月の東京でNHKマイルCを勝ち、2歳時は2000mのラジオNIKKEI杯2歳Sでヴィクトワールピサと接戦して3着のダノンシャンティ、母の父エルコンドルパサーは欧州の粋を集めた名血。
そして牝系はメジロの重厚なスタミナを受け継いできた底力あるもので、祖母はメジロドーベル、近親に青葉賞勝ちのショウナンラグーンらがいる。いかにもこのレース向きのパワフルかつ切れもある配合だ。 本命兼お宝馬に指名する。

上位評価は、本命を迷った④レッドミラベル。そしてローテだけが気になる⑤ホウオウパフューム⑨アドマイヤローザ。押さえは②ザクイーン⑥タガノアスワド⑯レッドコルディス③キャナルストリート、そして晩成とみている⑭フローレスマジック。 あとは3着要員で①モズカッチャン

バックナンバーbucknumber

一覧へ