新規会員登録

水上学の血統トレジャーハンティング

【京王杯スプリングC】雨の千四、切れよりパワー

水上学の血統トレジャーハンティング

土曜東京11R 京王杯スプリングC(G2)(芝1400m)

◎本命馬
⑨グランシルク
牡5、美浦・戸田厩舎、戸崎騎手

京都ほどの雨量ではないようだが、金曜時点の予報では、土曜の東京は夜中から開催終了直前までシトシトと雨が降り続くことになっている。水はけは日本一の東京でも、これだけ長時間降れば、重馬場は免れないところだろう。ならば、ある程度は外からの差しが利く。瞬発力よりパワーに傾くと見て、ここは⑨グランシルクを軸としたい。

良馬場でも、1000万でこのコースで1分20秒6を出せた馬。稍重までしか経験はないが、ステイゴールド×ダイナフォーマーなら道悪を苦にするとは考えづらいし、母にはフレンチデピュティの血も入っている。さらに近親にはブレイクランアウトもいて、切れを高水準で保ちつつも馬力を兼備した、息の長い脚が繰り出せるはずだ。直線勝負でも何とかなる馬場になりそうだし、またそうなる前提でアタマまで期待したい。

$お宝馬
⑪トーキングドラム

この馬も1000万時代に、当該コースで1分20秒1と、グランシルクを上回る時計での勝ち鞍がある。一瞬の切れには乏しいが、持続力で戦える馬場やコースなら阪急杯のように侮れない。高齢に差しかかって勝ち切りまでは難しいかもしれないが、ヒモ穴なら雨のおかげで十分狙える。キングカメハメハ産駒は春の東京の1400m、マイルで穴を出す。

上位評価は、去年の勝ち馬④サトノアラジン⑬ダッシングブレイズ。押さえで①ヒルノデイバロー⑩レッドファルクス

この記事に取り上げられているレース

バックナンバーbucknumber

一覧へ