短距離適性と長距離適性

基本的にピッチ走法の馬が多く、胴・脚が短いことが有利に働く。そのため、正姿勢で立たせるとシルエットが正方形に近くなるのが特徴。スタートダッシュが重要なため、クビが太く短く、胸前~肩周りの筋肉が盛り上がって発達していると良い。ゲートが開いてから瞬間的な馬力が必要になるため、活躍馬は骨格も筋肉もがっしりとした逞しい体型をしていることが多い。目に見えて筋肉量の豊富(速筋量が多い)な馬は、基本的に短い距離が合っていると言えるだろう。

アレスバローズ

こちらはアレスバローズ。胸前やトモには目に見えて分かる筋肉が付いており、胴も詰まった体型で正方形のシルエット。典型的な短距離向きの体型と言えるだろう。

基本的には大跳びの馬が有利。そのため長距離を得意とする馬は胴・脚が長く、正姿勢では長方形に近いシルエットになる。短距離とは違い瞬間的な馬力を必要としないため、クビは細く長く、一完歩が大きい馬の方が有利に働く。水準以上の筋肉量は必須だが、多すぎると体が重たくなってしまいスタミナの浪費に繋がるため、マラソンランナーのようにムダ肉が少なく、スッキリとしてシャープな体型の馬が多いのが特徴。遅筋(目に見えない筋肉)が多い馬は、一見するとパワー不足に見られることも多いので注意が必要。

シュヴァルグラン

こちらはシュヴァルグラン。四肢も長く、腹側のラインと比較して平行に見えるほど、背中が長く見える体型。前後に伸びた長方形のシルエットで、ストライドも大きく長距離向きの馬体構造と言える。