競馬ラボスタッフY(以下Y):いや、今週は待ちに待った良血馬が結構デビューするよね。

ライター野中(以下野):やっぱり日曜京都6Rグレートウォリアー(牡3、栗東・藤原英厩舎)でしょう。人気を集めていた馬ですし、大砲級ということで1、2位指名も少なくないはず。

Y:しかし、ようやくって印象だけど、ここでキッチリと勝てればひょっとするって展開もあるのかな?

野:元々は夏の新潟といわれていた馬が、年末予定、先週デビューが除外というもの。乗り込めたとはいうものの、それほど時計が出ている訳でもありませんし、初戦から動けるかどうか。

Y:藤原英厩舎の場合、新馬は意外と2、3着というケースは少なくないからね。

野:むしろ、2、3着とかに負けた方が、のちにGI馬も出ている気がしますが、ただ、1月下旬で負けてしまうと、ダービーに出るのはよほど、その後に連勝でもしないと厳しいかも知れません。

Y:良血という意味では日曜中京5Rサラキア(牝3、栗東・池添学厩舎)も注目馬だったよね。

野:ゲートで苦戦して除外も2度ですか。ただ、この明け3歳世代のシルクRはやはり勝負だったんですね。モーリスの全弟のルーカス(牡3、美浦・堀厩舎)ばかりに目が奪われていましたが、アーモンドアイ(牝3、美浦・国枝厩舎)、プリモシーン(牝3、美浦・木村厩舎)らが年始に続々と重賞勝利。牡馬にはオブセッション(牡3、美浦・藤沢和厩舎)もいるし、ノーザンFサイドが力を入れていたのは間違いないでしょう。そういった意味ではサラキアだって注目馬のはず……。

Y:「……」が気になるけども。

野:さすがにこの時期にデビューする馬って、新馬戦を確勝できるっていうのは少ない気がするだけですよ。

Y:除外ラッシュや変則開催の後だしね。

野:裏読みしなくていいです(苦笑)。

Y:若駒Sにはスーパーフェザー(牡3、栗東・友道厩舎)が出走するね。

野:KTレーシング系は今週、いつもより出走頭数が多いのはそのためかも知れません。友道厩舎は思い切って馬を休ませるときは休ませる、強めの調教を行なう際はしっかりとやるというようにメリハリがありますね。今回は1週前に水準以上の時計が出ていますし、今週もラスト1Fで12秒0程度なら、新馬時よりは仕上がっています。

スーパーフェザー

Y:個人的事情もあるんじゃないの?

野:この馬はセレクトセールで見たときから雰囲気はあったし、個人的には億超えの良血馬を上位に指名しないポリシーもあったのですが、ベタに1位で持っています。ただ、若駒Sは少頭数で展開には注意しないといけないレース。ケイティクレバー(牡3、栗東・目野厩舎)のような逃げ馬にやられてしまうってことは少なくないんですよ。ちなみに、私はゼロスでワールドエースを押さえ込んだのがいい思い出です(笑)。

Y:まさか、逆の立場になるとは……。ただ、ケイティクレバーも京都2歳Sや、黄菊賞の内容は決して悪くないからね。他にもフォックスクリーク(牡3、栗東・中内田厩舎)がいるけど。

野:馬場状態もありますが前走の内容は特に目立つものではありません。もちろん、スーパーフェザーのレースもそうでしたが……。

Y:まあ、この時期のOP特別は有力ディープ産駒を持っているのであればしっかりと勝ちたいところだね。

野:いや、正直、未出走の馬でも早くデビューして何とか1勝、上手くいけば2勝をというところじゃないでしょうか。既走馬は先も見えて「1勝も難しい」とか「行方不明」とかなっている場合も少なくありませんからね。

Y:確かに、ダート戦でもいいかなら何とかしてくれっていう馬はいるよね。

野:マイネルアーリー(牡3、美浦・高橋祥厩舎)なんて、スクリーンヒーロー産駒ではかなり上位という話もありましたが、順調にいかず一頓挫あったりして……。ジェネラーレウーノ(牡3、美浦・矢野英厩舎)になるはずだったんですけどね。

Y:気持ちはお察しするよ(笑)。土曜京都4Rにルメール騎手で出走するエイカイキング(牡3、栗東・藤原英厩舎)だって、“ダートでデビューするんだ”、印はついているけど“調教は遅れてばっかり”とかあるもんね。

野:ルメール騎手を確保しただけでも夢が見られるとは思いますよ。日曜中山6Rなんて、入っちゃった系の馬もいますし。そういった馬に限って超良血だったり……。

Y:馬の成長を無視しろとはいわないけど、夏から秋にかけては頭数も少ないんだから、何とかならないのかなとはPOGファンなら思うよね。

野:有力馬の多く抱えるリーディング上位厩舎はそう簡単に馬房も空かないので、一頓挫あったりすると、後回しになることはよくあること。戦略的に大砲級はホームランか三振の山かを覚悟で3頭前後、地味に入着する曲者級の馬をしっかりと捕まえ、バント級でコツコツ稼いで、チョコレートの支払い枚数を押さえたいって感じではないでしょうか。

Y:バント級で失敗すると全く夢もないけどね。

野:個人的には本来、バント級なら当たりだったはずのデルマキセキ(牝3、栗東・友道厩舎)もイマイチ稼げませんでした。

Y:来週はこの辺りの指名馬のバランスについても検証してみよう。

野:バントを徹底的に練習してきます。

Y:目指せ!POG界の川相……なのかな(笑)。