競馬ラボスタッフY(以下Y):JRAは事実上の年度末だね。

ライター野中(以下野):今年は引退調教師がガンガン使ってくる年のようです。すみれSケイティクレバー(牡3、栗東・目野厩舎)はOP勝利もあるのに、わざわざ出走してくるんですから、調教師の引退に合わせての出走でしょう。ただ、脚質的にも有力馬の1頭でしょうね。

Y:京成杯2着のコズミックフォース(牡3、美浦・国枝厩舎)は?

野:遠征してきた上にルメール騎手起用なら当然、力が入る一戦でしょうね。ダービーを目指すのであれば、勝利して賞金を上積みしたいところです。ただ、京成杯は展開に恵まれたところもあった気がしています。

Y:話題のキタノコマンドール(牡3、栗東・池江寿厩舎)も出走するけど。

野:初戦の時計はおいておくとしかいいようがないですね。3着だったジャックローズ(牡3、栗東・斉藤崇厩舎)はすぐに勝ち上がりましたが、2着のサトノグロワール(牡3、栗東・池江寿厩舎)は次走で凡走。ルメール騎手が乗らないというところにもヒントが隠されていそうです。

キタノコマンドール

Y:新馬戦も残りわずか。

野:芝の新馬という意味ではこの土日がラストとなります。残りはダートだけですからね。土曜中山は7頭、日曜阪神は除外こそありませんでしたが、フルゲート戦になりました。新馬に登録せず未勝利に回った馬もいますし、まだ良血馬っているんだなーという印象です。

Y:日曜阪神6Rはセンテリュオ(牝3、栗東・高野厩舎)が出走してくるね。

野:ここまでデビューが延びたことを考えると過度な期待は禁物でしょうか。全兄のジョンドゥはセレクトセールで島川氏が落札したものの、デビューが遅れた影響なのか吉田和美氏名義での出走。センテリュオはキャロットFの募集です。牝馬なので引退後は牧場に戻って来るようにという意味でクラブなのかも知れませんが。

Y:島川さんが購入されると、場合によってはエスティFで繁殖に上がってしまうかも知れないしね。

野:セレクトに上場すれば過去に2億を超える値段で取引されている馬ですからね。もちろん、牝馬なのでそこまで上がらないとしても、ノーザンFの戦略を読み解くヒントにはなるでしょう。上のきょうだいが友道厩舎、池江厩舎(トーセンジョーダン)、石坂厩舎、堀厩舎。ひとつ上のジョンドゥが松下厩舎で同馬が高野厩舎ってところにもヒントがありそうです。

Y:厳しいと踏んでいる訳だね。

野:この時期のデビューというだけでPOG的にはコメントし辛いですね。ルメール騎手もアドマイヤデジタル(牡3、栗東・友道厩舎)に騎乗しますし。散々、繰り返していますがルメール騎手、デムーロ騎手は飛び抜けています。シーズン末期だろうと2人が乗る馬が中心なんですよ。

Y:確かにな~。ボアヴィスタ(牡3、栗東・石坂厩舎)はディープスカイの半弟でシルクR所属なんだね。

野:半兄のインペリオアスールもシルクRで募集されました。ただ、母アビの仔はディープスカイ以降は1勝すれば御の字という状況が続いていまして……。デキが良かったといわれて、11年のセレクトセールに上場され5250万円の値段をつけたジョーヌドールも1勝止まりでしたからね。ただ、ノーザンFが2年連続できょうだいを購入しているという意味では注目でしょう。

Y:レーガノミクス(牡3、栗東・池添学厩舎)なんて狙い目だと思っていたけどね。

野:今後の競走生活については何ともいえませんが、POG的には関西で募集され、上がそこそこ走っていて、ロードカナロア産駒といわれると、下位で指名するにはバランスの取れている馬でしょう。POGはゲームの性質上、クラシック路線を狙う馬が中心になるのは間違いありませんが、今年から3歳路線は短距離戦の重賞も増えましたし、ロードカナロア産駒は需要が増えそうですし。

Y:そうだね。ただ、短距離路線を狙うなら早々に入厩して時計をバンバン出している馬の方がいいかも知れない。

野:そういった意味ではロードカナロア産駒の取捨選択というのは、来年以降のPOGではより重要になるでしょうね。次はその短距離のOP特別であるマーガレットSを見てみましょう。

Y:土曜の中山の新馬はいいの?

野:関西馬がいる訳でもありませんからね。サンデーRのネイビークロス(牝3、美浦・菊沢厩舎)は注目した方がいいのかも知れませんがトウショウ牧場の生産馬。実際にひと口出資するならともかくPOG的にはプラス材料はありません。トウショウ牧場生産馬でノーザンF系名義でデビューした3歳は6頭いますが、ランウェイデビュー(吉田勝己氏名義)の1勝のみ。

Y:なるほどね。では、マーガレットSにいこう。

野:アンフィトリテ(牝3、美浦・宗像厩舎)はロードカナロア産駒で母名を見れば分かる通りアドマイヤ牝系。9月にデビューし、ひと息入れて12月の500万下を快勝。ここを叩いて3歳春の1200m~1400m重賞やOP特別で稼ごうという算段でしょう。

アンフィトリテ

Y:しかも、ルメール騎手起用か。ノーザンF系はサンデーRのオーヴァーライト(牡3、美浦・手塚厩舎)もいるけど。

野:須崎牧場からセレクトセールで購入した馬でサンデーRでの募集。そういった意味では、下位指名にいれておく価値はある馬だったのは間違いありません。ただ、ダート馬だと思います。芝の短距離戦の番組は厚くなったのですが、ダート馬は2勝すると使えるところが鍵となりますからね。

Y:そうなんだよなー。地方交流重賞のポイントを含めるルールならダート馬も指名した方が面白いと思うんだけど、オイシクはないよね。最終的に下位指名なら2勝してくれるだけでもOKなんだけど。

野:しかも、場合によってはプロミストリープのように南関へ移籍してしまうこともありますからね。

Y:実際の一口出資者とPOGとの違いは絶対にあるしね。来週はいよいよチューリップ賞弥生賞が行われる予定。こういうところに出る馬がいないと寂しいのなんの。

野:弥生賞はかなりいい面子が揃いそうです。頭数は少なくとも中身が濃くなるのは間違いないでしょうね。