先週の函館競馬は3週目にして、初めて雨の影響が残る馬場。しかし、緩いには緩いのですが、思いの外、脚をとられるようなコンディションではなかったですね。映像だけ見ていれば、よっぽど阪神の方が馬場は悪いと感じたくらい。1年の間で決められた期間しか行われない函館と、頻繁に使われている阪神という違いはありますし、一概に比較はできませんが、芝の状態の良さを感じましたね。

土曜2Rのクリノターハイは前走でもじわじわと伸びていただけに距離延長はプラスに出そう。TVh杯のアリアは洋芝が合う印象ですが、使い詰めという点は気になるところですね。

北海ハンデキャップのマハヴィルは平坦、小回り、洋芝と条件はピッタリですね。最終追い切り前に「ちょっと重いかも」と厩舎スタッフには聞いていましたが、ひと追いの効果を見込みたいですね。前走もチャンスはあると感じていたものの、想定していたよりもスローになってしまったものの、このクラスでもやれていいと思うだけに巻き返したいですね。

日曜4Rのヤマニンプティパは追い切りでも動かした時に反応がワンテンポ遅れるようなイメージを受けました。それだけに前々で長く脚を使えるような展開がベストでしょう。土曜の牝馬限定の2000mと両睨みだったところ、距離と脚質の適性を考慮して、こちらになった経緯。その前走でも1番人気に支持されていた存在。お世話になっているヤマニンさんの馬ですし、結果で応えたいところです。あと、疲れはなさそうですが、テンションが上がらなければと思います。

先程の話とは相反しますが、先週の競馬ではラストプライドワンは緩い馬場に苦戦しましたね。勝ち負けになってもいいとは思っていただけに残念ですが、次戦はまたすぐ使う予定とのことです。リナーシェは湿った馬場がどうかと思いましたが、ちょっとずつ良くなってきていますね。

意外だったのはシゲルベンガルトラ。道中の雰囲気は良かったですし、これならと思っていたのですが、いざペースが上がるとさっぱり対応できませんでした。状態も上がっていなかったのですかね…。

東京開催も終わり、今週からクリストフ(ルメール)も加わり、函館もジョッキーの顔ぶれが替わりますね。その中でも団野(大成)、亀田(温心)といった若手勢の姿勢と技術の高さが目立ちます。僕も負けじと、仕事に没頭して、結果を残していきたいところです。