先週は中山で2勝を挙げることが出来ました。ダウンザラインは距離延長が向きましたね。直線を向いた時には、逃げ馬ははるか彼方。正直、届くとは思わなかったのですが、道中も良いリズムで運べていたことが終いの脚に繋がったかもしれません。

ハットラブも久々の競馬でありながら、とにかく強いの一言。レース後、厩務員さんに「太くなかった?」と大幅プラス体重(+28kg)についても心配されましたが、テン乗りだけに、状態の比較はつかないんですけどね。あれだけ走れるなら大丈夫なのかな、といったところ。上にいってもやれると思います。

柴山雄一

柴山雄一

今週は土曜が中京、日曜が中山になります。暮れに勝ちあぐねた分、年明けのペースで行ければと思うのですが、2月は小倉滞在も予定しているので、勝ちにこだわっていきたいですね。冬の小倉滞在はいつぶりだったか……。4~5年ぶりくらいでしょうか(※正しくは2013年以来、5年ぶりでした)。

土曜中京では2R(3歳未勝利)のアルベルティーヌは未勝利を勝てる馬ではあると思います。課題を挙げれば、気性でしょうか。イレ込み過ぎるところがあるので、そこが良くなってほしいです。池添兼雄厩舎の2頭、中京スポニチ賞のアガスティア、熱田特別のリリーモントルーはテン乗りですが、戦歴を見るとチャンスはありそう。ちょうど今週からケンちゃん(池添謙一騎手)が美浦に来ていたので、クセなどは教えてもらいましたよ。

日曜中山5R(3歳未勝利)のシバノモスキーはテンで自分のリズムに乗るまで時間が掛かる馬だけど、勝ち負けするにはもう少し成長が欲しいところではあるのですが、折り合いに課題はないし、距離延長は問題ないでしょう。7R(4歳上500万下)のアイヅヒリュウは僕が乗っていなかった前走もいい競馬をしていましたからね。チャンスはあると思いますよ。

先週のその他のレースでは、京成杯(G3)スラッシュメタルはずっとハミを噛んでいながら、最後はジリジリと伸びてきました。ゲートも出なかったので、あえて出していかずに競馬をしましたが、馬に挟まれる形というのも良くなかったかもしれません。それでも、最後まで伸びているあたり、素質は感じましたよ。

柴山雄一

キタサンサジンはブリンカーの効果はてきめんでした。ただ、今までのイメージとは違って、あの走りなら、もっと早めに外に出すか、広いところでどれだけ我慢できるか、という競馬をすべきでした。インにこだわりすぎたのは裏目。ブリンカーをつけたことで、まだまだやれると思います。

たまには、余談も。今週は騎手クラブの新年会がありました。ボーリング大会が行われたのですが、優勝出来なかったことは心残り(笑)。僕のスコアは150、170くらいでしたが、5位以内の入賞も逃しました。ちなみに、優勝したのは村田一誠騎手でしたよ。

※次回は1月26日(金)に更新予定です!