先週と今週の話ですが、3日競馬の最終日・月曜は2鞍に騎乗するも結果を残せませんでした。

チェーロは少頭数ということもあり、嫌な予感はしていましたが、前走と打って変わっての超スロー。状態自体は良かったと思いますが、この馬の持ち味が活きる流れではありませんでした。

アルヴェントは前走と行きっぷりが全く違いました。あの勝ちっぷりならやれておかしくないはずですし、楽に行けたところ道中の進み具合がひと息…。聞くところ、競馬場についてからも精神的にナーバスなところを見せたりしていたようです。滞在の北海道で勝った馬ですし、心身ともにまだ成長途上の分が出てしまいましたね。

今週は阪神での騎乗となりますが、期待していた(土曜阪神10R)ブライトンロックはまさかの除外。なかなか乗り鞍が少ない現状の中で勝ち負けになっていい存在と思っており、非常に期待していただけに残念としかいいようがありません。中山ですぐ使うようですし、僕が乗れることはなさそうです。

土曜最終のモズベイビーは先生と話したところ、2走前が中京でいい脚を使っていたものの、前走は前にいってしまった分、馬が嫌気をさしてしまったそう。今回は控える形を教えたいそうで馬の気持ちが続くような乗り方を意識したいところ。2走前がダートで今回は芝という違いはあり、同じように走れるかどうかは未知数も先に繋がるよう意識したいですね。

日曜のトップザビルは前走で乗れなかったものの、ダート替わりで素晴らしい脚でしたね。ダートは合うと思いますし、引き続きデキもキープしています。距離が1F延びるのも問題ないでしょうからね。ここはいい競馬をしたいです。聞くところ、アメリカンファラオ産駒自体もよく走っているそうでダートであれだけの脚を使えたのも納得です。

先週、僕が新馬で乗ってクリストフ(・ルメール)に乗り替わった馬がいたんです。普通、ジョッキーならば乗り替わった馬の結果を見るのは複雑なものですが、やっぱりクリストフの腕は凄いですし、それでいいのかわかりませんが、クリストフだと自然と応援してしまうもの。

このところのG1での活躍も納得ですし、例年であればクリストフでさえも短期免許で来るジョッキーに乗り替わられることもあるかもしれませんが、そんな必要がないくらいの結果を残していますね。今週も良い騎乗をみせてくれるんじゃないでしょうか。

次週からの僕はといいますと、中京を中心に乗っていく予定です。途中阪神も入ると思います。