先週は3日間開催のハズ……が、雪で火曜開催に。僕も日曜終わりで小倉に着いた時には、そこまで雪は降っていなかったのですが、朝の調教のため起きた頃には芝に雪が積もっていたので、程なくして中止が発表されました。こういうケースは調整ルームから出てもいいのですが、僕は減量もありますから、一日ルームにこもっていましたね。こういうパターンで馬への影響があるかどうか、と言われるとはっきりした答えはわからないのですが、レースへ向けて動かしてきた馬なんかは特に影響があるかもしれませんね。

今週ですが、日曜には小倉大賞典(G3)ストレンジクォークに乗せていただきます!中山金杯であれだけやれたのだから、ココでも、という思い。平坦小回りですし、トップスピードに乗るまでに時間の掛かるタイプですし、勝ちにいく競馬というか早めの競馬を意識したいですね。ハンデも54キロに留まって、馬も順調に来られているそうですよ。

柴山雄一

▲出走メンバー中、前走重賞で好走したのは3頭だけ(うち2頭は休み明け)
ストレンジクォークにもチャンスがありそうだ

同じ日曜小倉では、1R(3歳未勝利)のタカラトゥーンの調教に乗せていただいたのですが、やれそうな雰囲気がありますね。2R(4歳上500万下)のロードコメットは終いが甘いところがあるだけに小倉のダート1000mは合いそうですよ。

ちなみに、先週の小倉の芝は初日こそイン有利の傾向が強かったのですが、火曜は多少の湿り気もあったからか、どこからでも来られる馬場状態でしたね。

個別のレースを振り返ると、ホットファイヤーはよく頑張ってくれましたね。後ろからの競馬で、直線を向いた時はやれるかなと思ったほどでしたが、少しフワっとするところもあっただけに、併せ馬の形になっていれば、というところ。外を回ってあの着順ですし、先生も良くなっていると言っていただけの走りだったと思います。フィネスはゲートをポンと出てくれただけに、もう少し攻めていくべきでした。

日曜東京のディープジュエリーは行くならハナにいこうかと思っていたほど。ただ、周りにも主張する馬がいて2番手に。引っかかっている程ではないのですが、噛んでいるのは事実。ベストは1600かもしれません。

土曜小倉のプロムナードは前々で競馬をしようと思っていましたが、もう少し突かれる展開なら、といったところですね。ロイヤルメジャーはすごくいい競馬をしてくれましたね。

先週から小倉に滞在していますが、先週火曜は佐賀での交流競走もありましたし、今週は開催延期もありましたからね。落ち着けるのは来週あたりからかと。しかし、普段話す機会の少ない記者さんと食事にいったり、トレーニングにも時間が割けたり、充実しています。

※次回は2月23日(金)に更新予定です!