福島最終週はリリックドラマで勝たせていただきました!内枠でしたし、前で競馬してほしいとの指示。道中はリズムよく動けましたね。突かれることもなく、運べたのも勝因。最後までよくしのいでくれましたね。

今週は土曜が東京、日曜が急遽、京都へいくことになりました。その理由となる京阪杯(G3)ではカルヴァリオに騎乗。前走の福島で初めて乗せていただきましたが、本当に強い内容でした。

序盤は先生の指示もあって後方からの競馬に。道中はフワフワしているところもあったのですが、いざ追い出してみるとスゴい脚。聞けば福島ではなかなか目にかからない上がりだったらしいです。それも前残りでしたから。京都はおそらく先行有利の馬場のようですが、あの脚が、この相手に混ざってどれだけ通用するのか…。不安よりも楽しみは大きいです!

カルヴァリオ

最終追い切りを行うカルヴァリオ(厩舎スタッフが騎乗)

土曜2R(2歳未勝利)のレコルダーレは新馬戦の内容はよかったですね。一度使ったことでイレ込まないか。その心配はありますが、いいモノはもっていますよ。

その他のレース回顧もさせていただくと、エポックは…う~ん納得いく競馬ができませんでした。申し訳ない騎乗でした。先生からも包まれるような形はよくないと聞いていましたし、もう少しスムーズに走らせてあげたら、もっと上の着順があった気がしてなりません。

ヴァンベールシチーは4コーナーで前の馬が落ちそうになっていて、それで急ブレーキをかける不利。3コーナーくらいから上がっていく競馬をしてほしい、という指示もありましたし、すんなりならばもう少しやれたかと思います。

スズカフューラーは先行争いが落ち着いたところで前へ。3~4コーナーでもう少し溜められたらとは思いました。シックザールはいい馬ですね。まだ緩さがあるので、反応が少し遅いところはありますね。勝ち馬と併せる形だったら、という競馬でした。

次週からは中京開催ということで、週中は栗東トレセンで騎乗する予定です。少しでもチャンスが広がるよう、がんばってきます!

柴山雄一