新年最初の開催は、土日いずれも京都で騎乗。京都金杯(G3)ではゴールドサーベラスと挑みましたが、9着に終わってしまいました。
状態はここ最近の中でも一番と感じたほど。それに、京都の芝も年明けの開幕週とすれば、多少重め。ご存知の通り、差しがきいていましたね。枠も枠なので、思い切った競馬に徹したのですが…あれだけスローになったのは悔やまれます。

今週は土曜が中山、日曜、月曜と京都で乗せてもらいます。2場開催の3日間競馬でも、思っていたより乗せていただけたことには感謝ですね。

土曜の中山ではプチティアレは、前走の新馬戦で3着。ペースこそ遅かったものの、最後の最後だけ脚を使ったような内容でしたし、長く脚を使うようなタイプ。この条件替わりは好感です。同じく土曜の新馬のルノワールは2週連続で追い切りに乗せてもらってます。先週よりも、今週と一段階動きが上向いた印象ですし、初戦からやれそうですよ。

月曜京都のゲバラも木曜朝、美浦で乗せてもらいましたが、いい馬ですね。操作性もよく、気性も前向き、初戦から走ってきそうな感じを受けました。この3日競馬は3歳戦で初勝利を挙げられれば…そんな期待を持っていますよ!

それにしても、今週は水曜が栗東、木曜が美浦というスケジュールでしたが、栗東は暖かったものの、雪が降り、木曜はマイナス4℃か5℃くらいの冷え込み。場所が違うとはいえ、気候の変化が目まぐるしかったです…(笑)。

ただ、栗東にきて普段以上にトレーニングにも打ち込めていますし、厩舎からも追い切りの騎乗依頼が増えてきた実感をを感じます。次週からは中京開催にも腰を据えて臨む予定。まずは1勝を挙げて、次開催へ気持ちよく向かいたいです!

※次回は1月17日(木)に更新予定です!

柴山雄一

美浦トレセンで騎乗する柴山騎手

柴山雄一