サトノアレスと挑んだ先週の東京新聞杯(G3)は3着。いま思い出しても非常に悔しいですね…。

レース前から内を突くのは考えていた通り。道中はスムーズだったし、インディチャンプの後ろで競馬をして、追い出しのところで一瞬ブレーキをかけるところがあり、その分の差が出たと思います。あそこまで詰められるくらいですから、力差はなかったと思いますし、それだけにチャンスをモノにしたかったです。

柴山雄一

今週から小倉開催が開幕。木曜はルミナスウォリアーの追い切りのため、美浦にいったりしていましたが、栗東トレセンで調教に騎乗しつつ、小倉へ通う形になります。

日曜メイン・関門橋ステークスのラセットは追い切りに乗せていただきましたが、いい馬ですね。勝った時もレースぶりはフラフラ走ったり、気の悪さも感じるところはあるのですが、その分、余裕があるといえます。小回りコースも競馬はしやすそう。期待を持って挑みます。

土曜2R(3歳未勝利)のスズカスパイカーは手応えアリです。前走が厳しい競馬でしたし、力を付けている感じがありますね。激しくモマれこむような競馬は経験していないものの、気性的なウィークポイントも感じませんから、違った競馬の形になっても対応してくれそうです。4R(3歳未勝利)のシックザールは色々、試行錯誤を経て、小回りの4つコーナーの競馬に戻りますね。改めてこの条件でどれだけやってくれるか。

7R(4歳上500万下)のキャスパリーグは前走もいい脚をみせてくれましたが、もう少し位置をとっていい競馬でした。この距離は少し競馬がし辛いかもしれませんが、前回を踏まえて活かしたいですね。9R(4歳上500万下)のアリスカンは前走、あれだけ競り込まれるとは思わなかったですね。馬自身も1~2コーナーでムキになっていましたから。勝つには色々条件が噛み合ってほしいところですが…。

壇之浦特別のハウエバーはスムーズだったり、外を回したりすると、気の悪さを出しかねないタイプ。ロスなく運ぶ形がベストですね。

先週のその他のレースでは、ダブルシャープはスローペースながら、ラストは追い込んでくれました。折り合いに難しさのあるタイプらしいですし、距離短縮がよかったようですね。タイセイスパーブはまともに砂をかぶりましたね。そこから一気に手応えがなくなってしまいました。今度、機会があるなら、気持ちが途切れないような競馬の方がいいのかもしれません。

柴山雄一

栗東トレセンで騎乗する柴山騎手(6日撮影)

そうそう、水曜日は笠松競馬場の交流競走に乗せていただきました。結果こそ残せませんでしたが、レースで乗りにいくのは久しぶり。もう10年くらいだったかな…。確か前回、行った時は雪か何かで中止になったんですよね。

ビジョンがかわった以外はあまり変わったところはなかったのですが、装鞍所や調整ルーム、サウナ…昔のままで懐かしかったですね。騎手はトモ(佐藤友則)向山(牧)さん大塚(研司)さん東川(公則)さんなどは知った面々。あと、僕の唯一の弟弟子にあたる島崎(和也)とも会いましたね。

美浦にいたら、攻め馬を休まないと笠松には乗りにこられないですし、栗東にいたからこそ、こんな機会が巡ってきたわけですが、関係者の方々には感謝です。読者の皆さんにもせめて写真くらい撮っておけばよかったなあ、と帰ってから思いました(笑)。

※次回は2月15日(金)に更新予定です!

【柴山雄一騎手への質問 or 応援メッセージを募集中です!】
funfunkeiba@keibalab.jpまで[お名前またはペンネーム]をお書き添えの上、メールでご投稿ください。お待ちしております!