先週は小倉で2勝できました!日曜メイン・下関Sのメイソンジュニアは久々の勝ち星だったようですね。先生からも「力はあるのに噛み合わない競馬が続いているので、出たなりでリズムよく運んでほしい」と言われた通り、外枠からスムーズな競馬を意識しました。

3コーナーでゴチャつく場面があり、それに巻き込まれなかったこともよかったですし、いまの荒れてきた馬場も合うのでしょうね。初めて乗っただけに以前との比較がなく、今までの不振の理由がわかりませんが、速いペースを先行して押し切り。強い馬の強い競馬ぶりだったと思います。今後が楽しみですよ。

今週も小倉で乗ります!日曜メイン・太宰府特別のリリックドラマは差しがきいてきている今の馬場より、開幕週など前残りの馬場が向くタイプでしょうが、このクラスでもやれる力はあるでしょうね。自分の競馬に徹して、どこまでやってくれるでしょうか。

日曜8R(4歳上500万下)のラッシュハートはもう少し落ち着いてくれたらいいですね。しかし、前回の競馬ぶりからもこのクラスでもやれる感触はありました。日曜6R(4歳上500万下)のランドジュピターは前走が不利を受けるところもあったので、リズムよく運べたらいいですね。

土曜メイン・早鞆特別のシュプリームゾーンは昇級初戦でどこまでやってくれるか。持ち時計も詰めたいところです。土曜8R(4歳上500万下)のキャスパリーグは今の馬場なら前回より向いているでしょうね。このクラスでやれるだけのパフォーマンスをみせてくれているだけに、あとひと押しがきけば。

先週のその他のレースでは、グトルフォスはゲートのタイミングが合わず後方から。前向きさが出てきた現状もあり、1コーナーの入りでは折り合いを欠くところもありました。それに、向正面から1番人気の馬を意識して競馬をしすぎましたね。勝ち馬をもっと射程圏内に入れておけば……という内容。それでも、このクラスも勝つチャンスは回ってくるはずです。

サンマルエンパイアは出していって流れに乗っての競馬。最後も接戦でしたが、なんとか凌いでくれましたよ。

柴山雄一

先週の競馬終わりは小倉にいったら一度は寄る炉端焼き屋さんにいってきました!とにかく刺し身の量が豊富で、ふぐの白子などもお任せで色々出してくれるお店なのですが、ここはスゴく美味しいんですよね。

また、ここ最近はトレセン近くのコートで運動がてらテニスもやっているんです。メンバーは長岡(禎仁騎手)、城戸(義政騎手)、義(英真騎手)など。この前は長岡だけじゃなく、井上(敏樹騎手)もいて、メンバーがほぼ美浦でした(笑)。

柴山雄一

趣味のテニスへ向かう柴山騎手

そういえば、次開催からは中京での騎乗になりますが、3月17日(日)のスプリングS(G2)ではゲバラに乗せてもらうことになりましたよ。ここは中山での騎乗になります!

※次回は3月8日(金)に更新予定です!

【柴山雄一騎手への質問 or 応援メッセージを募集中です!】
funfunkeiba@keibalab.jpまで[お名前またはペンネーム]をお書き添えの上、メールでお送りください!