先週は小倉での騎乗。キャスパリーグの2着が最高着順でした。いい脚を使ってくれているし、勝てなかったことは本当に悔しい。本当にあと、ちょっとなのですが…。欲を言えば、4コーナーの捌き方。1度待って、もう少しスムーズに外に出せていれば…。ただ、本質的には中京の芝千四などのほうが合っているでしょうし、よく頑張ってくれています。

今週は土日で中京に向かいます!重賞も行われることもあり、ジョッキーが集まっている印象ですが、不思議と日曜の方が依頼を多くいただいています。中でも昇竜ステークスのニューモニュメントは追い切りに乗せていただきました。乗った感触でも、映像を観た雰囲気でも、テンは決してダッシュがいいわけではなさそうなので、この相手にどれだけ離されずに追走できるか、心配はあるのですが、力は秘めているなと感じました。他馬をみる限り、ペースも流れそうなメンツですし、メリハリのついた競馬でどこまでやってくれるか、楽しみです。土曜7R(4歳上500万下)のマンハイムは久々のレースのようですが、コースは合うでしょうね。

先週のその他のレースでは、リリックドラマはやはりこのクラスでもやれますね。早めに1頭になってしまい、1頭になった時間が長すぎました。後続が来てから、また反応はしてくれているのですが、単騎ではない形で突かれる競馬がベストですね。日曜は内も外も差のない馬場状態でしたが、こんな馬場も合いますね。

アドバンスマルスはどちらかといえば、ワンペース寄りの脚質。4コーナーでは「今日は苦しいかな」と思ったほどですが、それでも粘り込んでくれました。ただ、キレる脚もないですし、乗り方や条件がつきまといそうですね。パワータイプなので、馬場ももっと乾いた方がよさそうです。

シュプリームゾーンは想像していた以上にやってくれました。クラスが上がって、ああいう競馬をしてくれたのは収穫ですし、人気馬が先行したので、出していったところ序盤はかかり気味に。それでも、持ち時計は詰めてくれましたし、もう少し重い、力のいる馬場ならいいでしょうね。

今週は中京での騎乗となりましたが、次週日曜はスプリングS(G2)ゲバラに乗せていただくため、中山へ。また、マーチS(G3)の日も騎乗依頼をいただけたので、中山となりました。

中山といえば、先週、中山競馬場で起きたヒロシ(北村宏司騎手)の落馬は本当に心配です。怪我の程度は小倉で乗っていても耳に入ってきたほど。怪我は落馬そのものよりも、おそらく後続の馬との衝突で酷くなってしまったのではないかと思いますが…今週のトレセンでもも騎手同士で「改めて事故には気をつけて乗ろう」という声も挙がっていましたよ。