先週は急遽、金鯱賞(G2)アルアインに乗せていただく機会も5着。道中もハミに乗りかかってくるような雰囲気で、4コーナー手前からはスカンとハミが抜けてしまうようなところがありました。イメージだともっとフワフワしているイメージでしたが、乗り味はさすがG1馬という雰囲気でしたし、せっかくのチャンスをモノに出来ず悔しいですね…。

柴山雄一
柴山雄一

今週は土曜が中京、日曜が中山になります。まず、土曜はファルコンS(G3)ショウナンタイガに乗せてもらいます。前走、阪神での500万特別は乗れなかったのですが、ケンちゃん(池添謙一騎手)に聞いたところ、直線ではスペースがなかっただけで決して力負けではないとのこと。コースは合いそうな予感はありますし、僕自身は小倉で勝たせてもらったので、いいイメージで挑みたいですね。

日曜はスプリングS(G2)ではゲバラに騎乗。こちらも前走は乗れなかったのですが、追い切りでは相変わらず具合のよさを感じました。もともとテンションの高い馬でもあり、ゲートにも課題を残す現状。中山芝千八だけに、そこは不安ですね…。それに、馬群での競馬を経験していない点も他馬に比べるとウィークポイントかもしれません。本当によくなってくるのは先々だとは思いますが、権利を穫れるようがんばりたいです。

柴山雄一

ゲバラの最終追い切りに騎乗

日曜最終レース(4歳上1000万下)のリアリストは2年ぶりの騎乗ですか…。あまりに久々すぎて、当時のイメージとは違いそうですが(笑)、客観的に見ている分では、このクラスでもやれそう。ロスのない競馬を心がけたいです。

先週のレースでは、昇竜ステークスのニューモニュメントは思っていたよりも、速い流れに追走していけて、外に出してヨシヨシと思ったほど。ただ、それを勝ち馬にかわされるとは思いませんでした。なにせ、初めて後方からの競馬になって、砂を被って、上がり最速の脚を使ってきたのですからね。勝ち馬(デュープロセス)をほめるしかない強さでした。

ベストティアーズはゲートのタイミングが合わず、あの位置からに。ただ、ああいう競馬でもこなしてくれましたし、休ませたことで状態がフレッシュになっていましたよ。

スペリオルシチーは力のある馬でしたし、外を回りすぎましたね…。逃げ切りを許していますし、あれなら番手からの競馬を選択すべきでした。メイショウオーパスは距離を詰めたことで、いつもとは違う形に。ただ、以前乗っていたジョッキーに聞くよりも精神面のモロさを出さなかったですし、経験をさせていければ、このクラスでもやれそうです。力はあると思いますからね。

最後に、「ここ最近、上手くなっていると感じる若手ジョッキーはいますか?」という質問をいただきました!やっぱり坂井瑠星君ですね。海外から帰国後、なかなか勝ち星の結果には結びついていなかったようですが、じきに結果を出してくると思いますよ。先週も重賞を勝っていましたからね。一緒に乗ることは少ないのですが、精神的な面でもいい印象を感じています。

【柴山雄一騎手への質問 または 応援メッセージを募集中です!】
funfunkeiba@keibalab.jpまで[お名前またはペンネーム]をお書き添えの上、メールでお送りください!

※次回は3月22日(金)に更新予定です!