先週は福島、中山での騎乗。2勝を挙げることができました。

まず、日曜中山のイッツリットは1コーナーに入るまで嫌々走っているところがあったので、その位置でついて回るよりは、と思い、オーバーペースを承知でマクっていく作戦に。外に出すと、自分から走る気を出してくれましたし、まだまだ潜在能力は秘めているんじゃないかと感じる内容でしたね。

柴山雄一

この馬はもともとルミナス(ウォリアー)の併せ馬を務めたりしていて、その動きを観て、当時は未勝利馬だったことを驚いたほどです。なかなか攻め馬と実戦が結びついていない感も受けますが、先々が楽しみ。そんな条件はなかなかありませんが、ダートの2000m以上の条件なんかは合いそうなタイプですよ。

土曜福島のメイケイダイハードはレースが終わってから、1番人気だったことに驚きました。自分がみていた新聞では、△がついている程度でしたからね(笑)。しかし、レース内容は人気馬に相応しい強い勝ち方でしたね。

今週は土日ともに福島での騎乗となります。土曜福島・雪うさぎ賞のショウナンタイガは一戦ごとに成長を感じます。先週の感触では、福島の芝も開幕週ながら差しがきいていましたし、平坦小回りは小倉で勝っている条件ですからね。期待しています。

9R(4歳上500万下)のアドバンスマルスは自分のペースで競馬をしたいタイプ。前走も手応えがなさそうにみえて、最後まで粘り通していましたし、自ら競馬を作っていきたいですね。

飯盛山特別のミッキーバードは追い切りに乗せてもらったところ、乗り味がすごくいい馬。このクラスにいるのが不思議なほどですよ。ただ、切れ味がなさそうなだけに、早め、早めの競馬は意識したいです。

日曜の福島民報杯のアーバンキッドは追い切りでいい動きでした。ただ、行きたがるところもありそうなので、スムーズに走らせるよりは多少、内で我慢させるくらいがいいんじゃないかと思っています。54kgのハンデも好材料ですね。

先週のその他のレースでは、マローネメタリコはどうしてもひと息で走ってしまいますね…。強引にハナに行かれたのもありますが、周りの動きというより、馬自身の気持ちの戦い。息を入れて走らず、ひと息で走ってしまうところを改善できるようになるといいのですが…。一度下げて競馬をするか、砂をかぶるくらいの競馬がちょうどいいかもしれません。500万を勝てるような雰囲気はあるだけに惜しいです。

シーオブザムーンはう~ん…3コーナーから全く進んでいってくれず、馬を走らせてあげられませんでした。勝った時も馬込みでの競馬をしていましたし、モマれ弱さを出したわけではないと思うのですが、不可解な負け方でした。

タイセイスペリオルは持っているモノはこのクラスでやれて不思議ではないですね。ただ、ササる面があったように、口向きに難しさがありそうです。

来週以降は引き続き福島での騎乗を予定していますが、この夏も函館で乗ろうとは考えています。ジョッキーの顔ぶれも例年とは違うなんて話も耳にしますが、今年は怪我なく、夏へ臨みたいですね。

※次回は4月19日(金)に更新予定です!

【柴山雄一騎手への質問 または 応援メッセージを募集中です!】
funfunkeiba@keibalab.jpまで[お名前またはペンネーム]をお書き添えの上、メールでお送りください!

柴山雄一