先週はマハヴィルで勝たせていただきました。返し馬から状態もよさそうでしたね。思っていたよりも位置取りは後ろになり、ペースも遅くて、いや~大丈夫かな…と心配になりましたが、向こう正面から動いてくれる馬もおり、これは行けるという手応えでした。

先生(上村洋行調教師)も勝ちきれないレースが続いていただけに、喜んでくれていましたし、開業わずか沢山の勝利を重ねていられて、素晴らしいですね。

今週は日曜が東京、月曜が新潟での騎乗となります。日曜8R(4歳上500万下)のクインズウィンダムは長期休養明けの前走がメドの立つ内容。2100mにももともといい成績を残していいますし、以前のモタれるところが解消されてきた今なら、クラス上位の力をみせてくれそうです。

月曜6R(3歳未勝利)ではウインアイルビータに乗せていただきますが、攻め馬では緩さはあるものの、2着に来ているだけのモノは感じました。まだまだこれからの馬ですが、未勝利では上位の存在ですね。

先週のその他のレースでは、ラディアントは競馬の内容はよかったです。折り合いはつきましたし、あの位置で運べたのは収穫でしょう。一戦ごとによくなっていますね。しかし、今回は相手が強かったです。

レッドエレノアはクラスが上がって、皆が行きたがる中、先行争いが厳しくなり、行ききれないところにマクってこられて、砂を被り、被ったことがないものだから、嫌がっていましたね…。

最後に、読者の方から「中山競馬場開催の時にレース前、検量室からパドックに向かうグランプリロードでお声掛けさせていただきました。あとで思ったのですが、あの場所での声掛け、迷惑だったんではないか?と柴山さんはどう思っているのかな?と気になりました」という質問をいただきました。

本音をいえば、レース中は「頑張ってください」といった応援の声なら大歓迎です。ただ、装鞍の際などサインを求められたりすると、一人に対応してしまうと、皆にやらないといけなくなってしまいますからね…。応援を送ってもらうのなら、励みになります。次週は新潟での騎乗。再来週の土曜は東京で乗ることになりそうです。

【柴山雄一騎手への質問 または 応援メッセージを募集中です!】
funfunkeiba@keibalab.jpまで[お名前またはペンネーム]をお書き添えの上、メールでお送りください!