先週、というか3日間開催は月曜新潟で連続2着の結果でした。ウインアイルビータは枠の差もあったとはいえ、勝ち馬は「けっこう速いペースでいってるな」と思ったものの、最後は脚色が同じになってしまいました。チャンスだと思っていましたが…今回は適性の差が出てしまった印象です。

タマモサンシーロは内容からも悔しい結果。向こうが抜け出してから、差し返そうとしてくれたように、いい競馬はしてくれました。先頭に立ってフワっとした分が悔やまれるところです。

今週は新潟での騎乗になります。まず、土曜のわらび賞ではグトルフォスに乗せてもらいます。課題となるのは、やはり折り合いですね。初戦こそ反応が遅かったくらいでしたが、前回は道中で相当行きたがっていましたからね。厩舎からは「状態はいい」と聞いていますし、コースは中京で左回りも経験しているので、あとはそれなりに流れてくれれば。

日曜5R(3歳未勝利)のホウオウリフレインはゲート練習にも乗せてもらいましたし、初出走としては、いい雰囲気。楽しみを持って臨みます。

二王子特別のキングオブアームズはもともとの評価なら500万にいるような馬ではなかったのですが…。色々な条件を使っているものの、悪い条件ではないと思います。乗り込み量も充分ですよ。

谷川岳ステークスのアンコールプリュは客観的に見る限り、もっと出世していそうなものですが、新潟の長い直線で末脚が活きればいいですね。

先週の他のレースでは、スズカグラーテはブリンカーの効果がありましたね。先生からは「フワっとして止めるところがあるので、ハナには行かないでほしい」という指示。そういうタイプでもあって、ブリンカーが効いているのだろうと感じました。ただ、早目に外から来られたのが誤算。それでも最後まで粘ってくれていますけどね。

クインズウィンダムは道中で力んでいたのが誤算ですね。あれなら、今はマイルくらいでちょうどいいのかもしれません。ただ、もともと課題だったモタれる面もよくはなってきていますね。

ガンケンは厩務員さんからも「被せられるともろい」と聞いていたものの、しつこく外から来られたのが堪えましたね。あれ以上、出していくわけにもいかないですし、外から被されて、最後は走る気をなくしてしまいました。

今週水曜、美浦トレセンでは、毎年恒例の「トレセンジョッキーパーティー」が行われ、ファンの方々とバーベキューなどを一緒に交流する機会がありました。早朝の部に参加された方は調教見学とバーベキュー、もう一方は施設見学とバーベキューですね。40人くらいの方が来てくれたのかな。なかなかああやってファンの皆さんと食事をする機会もないので、貴重な経験ですね。

また、5月1日から新元号『令和』の時代ですね。新鮮な気持ちになりますし、平成になった時は自分で何かを意識するようなことがなかったですから。トレセンでの日々は大きく変わったことはないですけど、気持ち新たに週末の競馬に挑みたいです。

【柴山雄一騎手への質問 または 応援メッセージを募集中です!】
funfunkeiba@keibalab.jpまで[お名前またはペンネーム]をお書き添えの上、メールでお送りください!