先週はラディアントで勝たせてもらいました。結果的には、強い競馬でしたね。正直、東京の1300mはどうだろう、という懸念もあり、序盤は好位からの競馬に。攻め馬もそうですが、使う度にグイグイと行きっぷりが良くなりすぎていましたし、実際、道中でも行きたがるところがありましたからね。ただ、コーナーを過ぎたあたりでは収まり、最後は快勝でした。今回に関しては、モマれることのない外枠も良かったです。

今週は土日いずれも東京で騎乗します。特に楽しみだったのが、土曜に乗せていただくラセット。自分が乗せてもらった3走前は窮屈な競馬をさせてしまい、決して力を出し切れた競馬ではありませんでした。ゲートが落ち着かないウィークポイントはありますが、乗った雰囲気は上のクラスでもやれそうなほど。とても楽しみです。このコースも気になりませんし、馬場が渋っても力があるから、こなせるんじゃないでしょうか。

土曜の他2鞍(ラフレシアレディレコルダーレ)はいずれも落ち着きが重要。特にレコルダーレは好走歴もありますが、牝馬特有のカリカリした面があって、馬体重も大きく減ったのは精神面が理由のようです。日曜から小金井特別のアルベルティーヌは僕が勝たせていただいた時はいい競馬をしてくれたイメージですし、いい印象しかないです。このクラスでやれていいと思いますけどね。

先週のその他のレースでは、エトルディーニュは故障明けで久々のレース。長期休養明けのため、ムキになっていたし、馬も怒って走っていましたね。

そして、日曜の競馬を終えたら、車と船で函館に移動します。レースも無事に乗ることが大事ですが、陸路も長いので、安全運転でいきたいです。函館の競馬場といいますか、調整ルームといえば、サウナの温度が高くて、汗取りもしやすいです。また、夏になると、どこも水風呂の水温が高くなりますよね。その点、函館は水温も低いので、サウナとのメリハリが付きやすいんです(笑)。また、現場からのおすすめの店などもあれば、紹介したいと思います。もちろん仕事も心機一転、臨みたいですね!怪我明けだった昨年と違って、攻め馬も既に頼んでいただいているので、充実の滞在競馬にしたいです。