今週は土日で10鞍の騎乗ですが、ここ2週の函館よりも騎乗経験のある馬が多いですね。

特に一発を期待しているのは、日曜メイン・巴賞のファストアプローチです。これまで何度も調教では乗せてもらっていながら、実戦で騎乗するのはこれが初めて。ただ、前走や近走のレースぶりを観ていると、以前よりも走り方が良くなってきたように思えます。

これまではハミにぶら下がるようにダラっとした走りも、今は首や身体全体を使って走ってこられるようになりましたね。どうも前に行く馬が他にもいそうですが…前走のように先行力を活かした競馬が合いそう。週末は雨予報のようですが、そこも苦にしないイメージはあります。

土曜4R(3歳未勝利)のゲットリズムは前回が期待していた以上の走り。ああいう競馬をしてくれれば、再度の好走も可能ではないでしょうか。TVh杯のメイケイダイハードは2走前に勝たせていただいた馬。僕が乗っていなかった前走はアレっという結果も、このクラスだからといってあそこまで負ける馬ではないと思います。

日曜3R(3歳未勝利)のテンプテーションは前走は周りの流れに合わせた競馬になったところ、ペースが速くなったところから対応できませんでした。今回は自分のリズムで運んで、最後に懸ける競馬を試してみたいです。8R(3歳上1勝クラス)のカナメはこの距離がどうかな…という心配もあります。ただ、昨年も3着に頑張ってくれたようにいい面を引き出したいところです。9R(3歳上1勝クラス)のミレフォリウムはワンペースなところもありますし、雨が降った馬場もこなせそうなイメージです。前回は番手の競馬で噛んでしまったようですし、今回は自分から競馬をつくっていきたい。

恵山特別のメイショウイッポンは先週の競馬は除外明けながら頑張ってくれました。その1週前での追い切りでは、まだデキていない感もあっただけに思っていた以上に頑張ってくれた印象。更に前進したいですね。

先週の競馬では、UHB杯のインシュラーは内枠でしたし、先行しようと思っていたところ、あそこまで競られるとは…。未勝利のスズカスパイカーは休み明けとはいえ、どうも気持ちが入っていなかった感。あれだけ離される馬ではないだけに、今回は精神面が戻りきっていなかったようです。