先週の札幌では3勝することができました。すべて悔いのない騎乗ができたわけではありませんが、概ねいい内容だったと思いますし、開催替わりで心機一転といけたのが良かったですね。

柴山

柴山

柴山

柴山

柴山

柴山

今週も当然ながら札幌での騎乗となります。土曜4R(3歳未勝利)のシュロスは久々のレースだった前走がいい競馬。仕上がりに不安を抱えていただけにビックリでした。勝った馬は相手が悪かった感もありましたし、順番が回ってきてほしいです。

桑園特別のスズカグラーテは1000mが合いそうですね。競馬はどこからでも出来るタイプ。ソラを使うようなところがあるので、考慮して乗りたいです。HBC賞のシンデレラメイクはあくまで印象だけですが、惜しい競馬が続いているだけに、ひと押し欲しいところですね。

日曜の騎乗馬では、3R(3歳未勝利)のシックザールは追い切りに乗せてもらったところ、函館最終週をパスして、待った甲斐を感じる状態でした。

UHB賞のタイムトリップはいい状態ですね。ただ、時計が速いよりは掛かった方がいいタイプ。それだけに良好な馬場状態の今の札幌はどうか。ただ、こちらの環境が合うのでしょうか。普段は歩様も硬めなイメージも、具合が良さそうなんですよね。藻岩山特別に登録のあったマハヴィルは次週にスライドするそう。距離も2000mの方が競馬はしやすいでしょうね。

柴山

▲24日、タイムトリップの調教に騎乗(柴山騎手は31日にも騎乗)

先週のレースを振り返ると、クイーンS(G3)カリビアンゴールドは思っていた通りの競馬ができました。一時はいけるかなと思ったほどです。先週は週中にこの馬に乗っていた四位(洋文)さんにもアドバイスをいただいたところ、「積極的な競馬をした方がいいよ」と言われ、自分のイメージとも合致。それに「折り合いがつくように攻め馬からやってきたから」という言葉をいただいていたので、自信を持って臨めましたね。

ダブルシャープは出遅れに尽きます。もともとテンションが高いところに課題があり、最終追い切りもそこに考慮したことも裏目に出たかもしれません。返し馬までは落ち着いていたのですが…。

スリーカナロアーは枠を活かしたいい競馬でした。先生からも無理して先行しなくていいと聞いていましたし、手応えも良好。いい時に乗せてもらいましたね。

柴山

柴山

エイリアスは先週も記したと思いますが、あれだけ走ることに対しての課題があった中で思っていた以上のパフォーマンスをみせてくれました。それに、内の狭いところを抜け出してきましたからね。驚きましたよ。まだ身体はゆるさが残っているだけに、良くなる余地がありそうです。

柴山

柴山

リヴィエラはブリンカーもきいているのでしょうが、距離延長は大きかったですね。それにしても、渡辺薫彦先生にはいい馬を乗せていただいてばかりで感謝です。決して先生が騎手時代に、縁があったわけではないんですけどね(苦笑)。

柴山

柴山

今週は(ランフランコ)デットーリが来日するという話を耳にしました。僕にとって憧れのジョッキー。近くで見られることは非常に楽しみです!

※次回は8月9日(金)に更新予定です!