先週の札幌はスズカグラーテでの2着が最高着順でした。成績にムラのあるところは否めませんが、このクラスでは上位の存在。勝ち馬が強かったけれど、1200mより1000mダートは合いますね。

今週は木曜現在、雨が降っていますが、どこまでレース当日の馬場に影響するか。ただ、土曜メイン・STV賞のダブルシャープに関しては問題ないと思っています。前回はゲートのタイミングが悪く、後方からの競馬に。ただ、折り合い面の問題はなかったですし、外を回りながら、あそこまで詰めてくれていますからね。プラス体重もひと叩きしたことでスッキリしてくるはずです。相手関係もメンバー中、半分が前走の道新スポーツ賞組ならば、今度こその気持ちです。

一方、日曜のエルムS(G3)を予定しているメイショウスミトモはどちらかといえば、時計が掛かってほしいタイプ。前回は理想的な流れ、枠の中で、ここ一連より着順をあげてくれましたが、前回より相手も強化されますからね。なるべく内枠が欲しいところです。

日曜のHTB賞から、マハヴィルは前走の福島が昇級初戦でも健闘していました。先週のレースを予定しながら、万全を期して、ここにスライドしたように結果が求められるところですね。ちなみに、札幌の芝は相変わらず良好な馬場状態。硬すぎず、クッションもきいていますよ。

先週のその他のレース回顧です。タイムトリップは結果的に1200mだけに、もう少し早めに踏んでいって良かったですね。ゲートは出てくれましたし、位置取りもいいところ。ただ、勝ち馬に被されてから踏んでいく形。最後は外を回ることになり、キレ味の差もみせられました。

シンデレラメイクは「申し訳ない」の一言です。行くところ、行くところが壁になり、力を出しきれませんでした。シュロスはどうも気難しさを出してしまいましたね。2コーナーを過ぎてから、気合いをつけざるをえなかった程です。これまでと違い、先行したことでリズムを欠いたのかもしれません。

柴山

▲7日、札幌競馬場で調教に騎乗する柴山騎手(土曜最終の知床特別の出走するエンシュラウド)

今週、ゴルフで渋野日向子選手が全英オープンを制し、日本人選手として42年ぶりメジャー制覇したニュースには驚かされました。ゴルフといったら、僕もやりますが、メンタルのスポーツですからね。それを初出場ながら笑顔で勝つのだから、どんな精神力をしているのか…ビックリとしかいいようがないです。ちなみに、当時の中継は普通なら観ている、観られるはずなのですが、目を覚ました時にはちょうど結果が出ていた頃。残念なことをしました…。

※次回は8月16日(金)に更新予定です!