北海道シリーズの最終週、先週日曜の札幌ではメイプルプレゼントで勝つことができました。最後に勝てたことにホッとしています。4コーナーでは馬を怖がったり、最後も追ってからしっぽを振ったりと、気難しさをみせていましたが、最後までしのいでくれました。

柴山

柴山

柴山

柴山

柴山

柴山

柴山

レースを終えて、月曜には北海道から移動。今年は車をフェリーに乗せて、一度、美浦に帰ってから、水曜には栗東トレセンで乗せていただいております。ここでも記した通り、以前にも栗東にこさせていただいたことがあるので、もう勝手も知っているといいますか、コースに戸惑いはなくやれていますよ。

柴山

▲写真は柴山騎手提供

例年のことですが、秋競馬の開幕週はどうしても北海道帰りですし、2場開催でもあり、なかなか乗り鞍には苦労するところです。今週は残念ながら1鞍のみの騎乗となりますが、土曜阪神の鳥取特別のキングブラックは追い切りに乗せていただいた限りでは、まだまだ良くなりそう、もう少し使ってからという雰囲気はあります。3歳馬が多いレースで力量を掴みづらいレースでもありますし、古馬の経験値に期待したいところ。

先週のレース回顧では、クルークヴァールは前走が落鉄もあったため、改めて挑む思いでしたが、内でモマれたことでモロに嫌気を出してしまいましたね。連闘は問題なかったですし、ここまで影響が出るとは意外でした。

オウケンランボーはズブくてワンペースなイメージがありましたし、3歳未勝利戦も最後ということで悔いのない競馬に徹しました。やっぱりどうしても小回りだと忙しいですね。

札幌2歳Sエイリアスは雨予報でシメシメと思っていたところ、むしろこちらが煽りを食う形に。あれだけ道悪がマイナスだとは思いませんでした。トモが緩く、1~2コーナーからのめっていましたね。

オーロラフラッシュは落馬するかと思いましたね…。好スタートを切ったら、急に止めそうになったほど。内枠が仇になりましたし、あれだけ後方から最後も外を回って掲示板ですから。本当ならもっと走れていいのですが、フランケル産駒の気難しさでしょうか。

今週から秋競馬になりますが、北海道から帰ってきて、すぐに栗東で乗るのは初めてのこと。心機一転、積極的にいきたいですし、競馬でもそういったレースを心掛けたいです。

最後に、読者から質問をいただいたようです。美浦のウッドコースが工事を受けて、一番外のコースに移動できたようですね。今週は水曜から栗東にいってしまったため、一度も乗っていないのが実情です(苦笑)。ただ、コースの場所が替わったことで右回り、左回り、いずれも乗れるようになることはメリットですね。入れ替えたてのチップは馴染んでいない分、乗りづらさはあるんじゃないかと思いますが、時間が経つにつれて、各陣営、対応していくと思います。長期的にみれば、関東馬にとってプラスになると期待したいです。