前回のコラムでもお伝えしましたが、今週から中山で乗ることになりました。騎乗経験のある馬がかなり少ないところですが、土曜最終レース(3歳上2勝クラス)のシセイヒテンは4走前に乗せていただきましたね。当時は馬の能力を信じて、僕も、馬もムキな競馬になってしまいました。今回はジワーッと脚を使わせていくようなレースを心がけたいですね。

日曜の市川Sのベディヴィアは追い切りに乗せてもらいましたが、先週よりも今週にかけて体調がよくなっていることを実感しました。長く良い脚を使うタイプで、持ち味を活かした競馬ができればと思います。南総Sのニシオボヌールは調教で乗せていただいていませんが、惜しい競馬が多いイメージ。ハンデ戦でその差をカバーできるといいのですが。

柴山

柴山

▲ベディヴィアの追い切りに騎乗する柴山騎手

先週の競馬では、マハヴィルはやっぱりワンターンよりもコーナー4つ、平坦コースの方が向いているのかなという結果です。このクラスでもやれる能力はあると思うのですが。ニホンピロキアロは追い切り、返し馬のイメージではもっとムキになって走ってくるのかな、と思っていたほど。それが周りを気にして、全然でしたね…。メイショウイッポンももう少しやれていいイメージはあったのですが、やはり休み明けは良くないようでした。 そうそう、予てからここでも話題にしていたフランキー(デットーリ)とは、トレセンの馬上では会えたものの、接する機会は残念ながらありませんでした。東京で行われたグリーンファームさんのパーティーには京都から出席させてもらったのですが、フランキーがいたことも先ほど知ったくらい。先に帰ったのかな…(苦笑)。

先週の競馬は道悪もあり、馬場の適性が出たりとなかなか騎乗ぶりが伝わりづらかったかもしれませんが、是非海外の騎乗もそうだけど、イーグルカフェで勝ったJCダートやファルブラヴのジャパンCなどの映像をチェックしてみてください。とんでもないジョッキーだなあと当時は思わされたものです。

今週は久々に中山での騎乗になりますが、この秋から美浦のウッドコースは設置場所が替わり、右回り、左回りどちらも使えるようになりましたね。競走馬の現役生活を長いスパンでみれば、同じ回りで調教をし続けるよりもバランスの面で良くなってくるんじゃないかと思います。気が早いですが、そんなところを感じられたらいいですね。

一方で栗東トレセンの調教に騎乗していて感じるのは逍遥馬道が坂路に行く過程で使えること。傾斜もありますし、歩くだけで自然と馬が鍛えられるような環境かなと思います。

先週話題にし忘れましたが、先週は騎手クラブのゴルフコンペに参加。全体の参加人数は決して多くなかったのですが、前半が50で叩いて、後半は38というスコア。浮き沈みの激しい結果でした(笑)。ただ、ニアピン賞は僕がとりましたよ。栗東ではほとんどゴルフをしていないので、いい機会になりました。

次週も中山で今週、普通キャンターに乗せてもらったアサケパワーなどに騎乗予定です。

※次回は12月6日(金)に更新予定です!

柴山