先週の中山では新馬(ヴィンクーロ)での2着がありましたが、聞いていたより初戦から動いてくれました。最後は狭いところも割ってきてくれたように、いい走りでしたね。2コーナー辺りでペースが遅くなったときにハミを噛みましたが、終いも脚を使ってくれました。このくらいの距離で競馬を覚えていってくれればと思います。

今週は土日ともに阪神での騎乗になります。阪神カップ(G2)に登録していたタイムトリップは残念ながら除外になってしまいましたが、日曜のオープン特別(ギャラクシーS)のヒーズインラブは追い切りに乗せてもらいました。初めて乗せていただいたので比較がつきませんが、動きは悪くなかったですし、先生は「ここ最近にはなかった行きっぷりの良さ」を感じていたようでした。ダートは未知数ですが、決して悪くない感触を得ましたし、状態も良さそうなので、期待を持って臨みます。

土曜3R(2歳未勝利)のキングリアリティーはまだ緩さが残るものの、ダート替わりは良さそう。8R(3歳上1勝クラス)のヴァリーゲイトは久々ですね。金曜の調教ではうるささがありましたし、口向きが難しそうなところがありますね。レースにいってどれだけ落ち着いてくれるか、ですね。ただ、このクラスでやれても良さそうな気配は感じましたよ。

柴山

柴山

▲キングリアリティーに騎乗する柴山騎手

日曜6R(2歳新馬)のタマモティータイムは3週連続で乗せていただきました。前向きでゲートのスピードもありますし、ハミがかりも丁度良さそう。課題は口向きでしょうか。追い出してから追えないほどモタれるので、外に馬を置けたらりそうですね。今週の坂路でもサラッとやる予定が楽に上がってきたように、態勢は整っていますけどね。

8R(3歳上2勝クラス)のレシプロケイトは前回、あれだけ引っかかっても差しきれたように能力はなかなかのものがありますね。あとは気持ちのコントロールが付くか…。期待はしているだけに、怒って走るところを終いに活かせられればいいですけどね。

サンタクロースSのオブリゲーションも口向きの難しさがあるので、距離短縮は好感です。

先週のその他のレースでは、地方競馬から転入したソッサスブレイは頑張ってくれましたね。返し馬で芝の感触は悪くないな~と思いましたし、初めての芝であれなら良い内容だと思います。まだハミに乗りかかるようなところもありましたし、もう少し流れに乗って、ロスのない競馬をしたかったので、そういう点からも改善の余地がありそうですよ。

ダブルシャープはゲートをポンと出てくれたのですが、道中で力んだり、動けなかったりと噛み合わなかったですね。それでも差のないところまで来ていますし、やはり力のある馬ですね。

先日、来年の北海道開催のスケジュール変更が発表されました。決定についてはオリンピックに影響されたもので致し方ない部分もあるでしょうが、僕らジョッキーは問題ないとしても、調教師、厩舎スタッフは大変なスケジュールになりますね。どうしても札幌開催だとチップがない分、仕上げ辛い。北海道を通じて札幌に置いておくことはないんじゃないかと思います。個人的な話題ですが、オリンピックは見に行く予定はありませんが、ユタカさん(武豊騎手)が聖火ランナーに選ばれたことは素晴らしいこと。それは観に行ってみたいなあ(笑)。

そうそう、12月30日(月)、笠松競馬場のトークショーに呼んでいただきました。競馬以外で笠松に行くのは、だいぶ前にこうしたイベントに呼んでもらって以来かな。お世話になった調教師、馬主さん、知ったジョッキーたちとも会える機会ですからね。楽しみにしています。

※次回は12月27日(金)に更新予定です!