先週の日曜小倉1Rで今年のJRA初勝利を挙げることができました。直線を向いた時には先頭集団は遥か前。流石に届かないか、と思いましたが、前も飛ばしていましたし、進路も行くところ、行くところ上手くいってロス無くいけたのが良かったですね。勝ったクリノニキータはトモの踏み込みなどがまだまだ良くなってほしいですし、成長途上の感はありますが、勝たせてくれたことに感謝です。

今週は土曜が小倉、日曜が京都となりました。土曜最終・八代特別のスキップは追い切りに乗せていただいたところ、時計が出すぎてしまったことは気がかりですが、このクラスでも上位の力はありそうですね。2R(3歳未勝利)のサンライズアルコンは先生に聞く限り、馬の状態は良いとのこと。少し終いが甘そうなところがあるようなのでジックリ乗りたいですね。

日曜1R(3歳未勝利)のリバーランドは運動だけ乗せてもらったのですが、乗り味はいいんです。距離延長ですし、キッカケを掴みたい。3Rのロワマージュ(3歳未勝利)はレース映像を見た印象と先生に聞く限り、やれて良さそうですよね。7R(4歳上1勝クラス)のキングサムソンは追い切りの動きは悪くありませんでしたが、ワンパンチ足りない競馬が続いているので、条件が噛み合ってほしいですね。

先週の競馬でいえば、北九州短距離ステークスのメイソンジュニアは道悪がむしろプラスと思っていたものの、これだけ悪いと脚を取られてしまいました。ラストプライドワンは今までと違い、溜める競馬に徹して、いいキッカケになったと思いますよ。

そして、悲しい知らせが入ってきましたね。美浦の高市圭二先生が亡くなられたとのこと…。決して数多く厩舎の馬に乗せてもらっていたわけではありませんが、話をさせてもらうことがあり、好きな調教師の先生の一人でした。ご存知の通り、昨年暮れには中山大障害を勝利。体調を崩された中でも現場に駆けつけていたと聞きますし、すごく残念ではありますが、ご冥福をお祈りしたいと思います。次週には葬儀も行われるようなので美浦へ行ってこようと思います。

柴山

▲2019年9月札幌、高市厩舎のメイプルプレゼントで
勝利した柴山騎手(柴山騎手の左が高市師)

そして、自分のことではありますが、先日2月19日に42歳の誕生日を迎えました。てっきり今年で43歳だと思っていて、周りにも「42歳です」と言ってきたので、間違えたサバ読みで得した気分です(笑)。まだまだ下の世代には負けない気持ちで競馬に臨んでいきたいところ。

そして、世間は新型コロナウイルスの話題でもちきりですね。ジョッキールームや調整ルームにもアルコール消毒薬なども常備されていますが、競馬場に足を運ばれる皆さんも予防しつつ、お大事になさってください。

※次回は2月28日(金)に更新予定です!