今週で最終週となる春の福島開催。本来なら、土日メインに騎乗馬がいたのですが、日曜のショウナンタイガは除外に。1週前追い切りに乗せていただいたところ、内を回ったにしてもかなり速い時計。動きも素晴らしかったし、最終週の馬場も合いそうな感触があっただけに残念です。しかも、3勝クラスの短距離という番組が少ないことも陣営にとって悩みどころでしょうね…。

さて、その土曜ですが、福島放送賞にマハヴィルが予定しています。昇級初戦以降、体調だったり、コースや馬場などの理由がつきまとい、なかなか結果を残せていません。しかし今回のコーナー4つで時計の掛かる馬場はベスト。一発を狙いたいですね。

日曜には5Rにゴールドオークが予定。切れ味よりもジワジワ伸びるタイプなので、今の馬場の方が合いそうですよ。6Rのチェーロは今回、チークを着けるそうです。まだ走れそうな雰囲気を感じさせる走りだっただけに、馬具の効果があればいいですね。

白河特別のブルベアカーキは「スタートが遅い」と聞いていた前走が思いの外、スムーズな競馬。どこからでも競馬はできそうな立ち回りの良さもありましたし、再転入初戦としては優秀なレースぶりでした。イイものを持っているので昇級でもやれそうですよ。

先週の競馬では、福島牝馬ステークス(G3)ハーレムラインは「前で競馬をしてほしい」という指示。ただ、若干距離が長く感じましたし、少し周りの馬を気にするところもありましたね。乗り味はイイ馬なので、まだやれそうな雰囲気はありましたが…。

アリアは思っていた競馬とは真逆の内容になってしまいました…。スーッと流れに乗っていけるかと思いきや、テンに行けず、最後も外を回って、どこも脚を使えていません。引っ掛かるところがあったわけでもなく、馬を走らせる気にさせてあげられなかったですね…。

アポロリリーは初出走としては競馬も上手ですし、差しが決まる中でよく頑張っていました。追い出してからの反応が遅いと聞いていたので、こういうコースも合っていたと思います。

コロナの感染防止のため、このところ追い切りでもマスクをして乗るようになりましたが、普段よりも息が上がりますね。上がってくるとどうしても息苦しく「酸素!酸素!」となるので、ある意味、トレーニング効果にはなるかもしれません(笑)。

繰り返しになりますが、今週で福島開催も最終週。とにかくこの状況ですから、安全に帰る、移動することを意識する日々でした。人によっては中山まで車で遠征しているジョッキーもいたようです。次週から3週間の新潟開催。移動時間が短くなる分は安心しますね。