先週の新潟開幕週、新潟大賞典(G3)ではブラヴァスに乗せていただきましたが、結果は4着。結果的にもう一つ前のポジションで運べていれば、悔いのない内容でした。最後はジワジワと詰めてきているだけに、上位勢とは位置と直線でとった進路の差ですね。ただ、馬自体は凄くイイものがありそう。まだ体と気持ちがリンクできていない印象で、腰もしっかりとして、精神面の落ち着きがでたら、重賞を勝ち負けできそうですし、大きな舞台にいけそうですよ。

今週も新潟での騎乗になります。日曜メインの八海山ステークスではアカネサスに初騎乗。日曜の追い切りでは坂路で49.9秒の時計をマークしているように状態は良さそう。金曜の調教で跨がらせてもらいましたが、実際に乗ってもそう感じました。ただ、昇級後に結果が出ていないように、モマれ弱さという課題がありそう。枠と展開は味方についてほしいところ。

日曜9Rのアサクサマヤは前走がいい競馬でした。もう少し前の位置を取れたら、着順も上がってくるんじゃないかと感じました。8Rのウインアイルビータは昨年乗せてもらいましたね。相変わらず気性面の課題があるようですが、コース自体は合っていると思います。

先週のその他の競馬では、クーファウェヌスは3コーナーから2度も不利があったことが痛かったですね。マトモなら勝っていたというレースでした。

ファストアズエバーは聞いていた程、気性面の課題を感じませんでしたが、逃げ馬がもう少し粘ってほしかった。とはいえ、コース適性を感じさせる内容でしたよ。

ウインメルシーは安心して乗ることができましたね。抜け出す時の脚も速かった辺り、左回りがそれだけイイということなのかもしれませんね。抜け出して1頭になってからもフワっとしていましたし、上にいっても通用しそうですよ。

ニホンピログルーヴは以前より成長を感じる内容。これなら近い内に出番が回ってきそうです。メイケイダイハードは最後に失速してしまいましたが、休み明けの分でしょうね。

一部、緊急事態宣言の解除などというニュースはあるものの、世間は自粛を余儀なくされる中で競馬が開催できていることには感謝しかありませんが、ここのところの自分の生活は特に変わりなく過ごせています。ただ、関西へ移ってきて、木馬に乗る際はiPadを使って動画を撮るようにしているんです。少しでも乗り方を工夫できればと研究中。結果にも繋がってくればと思います。