今年は3週間となった春の新潟開催も早いもので最終週。土曜はテン乗りばかりですが、今週に限った話ではないものの、美浦の厩舎から騎乗依頼をいただいています。ご存知の通り、栗東に移籍して時間は経った中でもこうして乗り鞍をもらえるのはありがたい限りです。

今週の騎乗馬では、土曜の早苗賞のウインアステロイドは前走で番手から運びましたが、思いの外ジリジリとした脚。もうちょっと積極的な競馬で良かったと感じました。正直なところ、まだトモが緩く、ハミに頼る形でダラっとした脚の使い方になってしまうため、成長してほしいところ。だからこそ、ピリっとした脚は使い辛いのですが、僕自身も馬の力を出し切れていない感触がありましたし、2度目の変わり身がないものでしょうか。厩舎こそ違うものの、2週前にはウインさんの所属馬で勝たせてもらっていますし、より何とかイイところを出したいと力の入るところです。

日曜5Rのアポロリリーは初出走でいい競馬をみせてくれました。調教ではなかなか大変なところがあるようですが(苦笑)、エンジンの掛かりが遅いながらもラストまでしっかり走り抜けてくれたように未勝利を勝てる目処は立っていますからね。あとは馬体減りがないかということと、新潟コースさえこなしてくれればと思います。

韋駄天ステークスではメイソンジュニアに再び乗せていただきます。前回、僕が乗せてもらった際も最後は自分からヤメているようにも感じましたし、ここ最近の成績が下降線の感。その点、初めての千直が起爆剤にならないでしょうか。合いそうな感触はあるだけに、できれば力の要る馬場になってほしいです。

先週の競馬では、八海山Sのアカネサスはモマれたくない馬にとって、最内枠という不運。レースでは上手く外に出して、モマれないような形に持ち込めたのですが、なにせペースが速かったのは予想外でした。馬自体は噛み合えば、このクラスでもやれそうな感触はありましたよ。

6着だったアサクサマヤは道中こそ完璧に運べたと思いますが、前走でも感じたように、勝負所から周りの馬を気にするところがありましたね。道もなかったですし、一度下げて、外に出す形は取れたのでしょうが、いずれにしても精神面の課題が解消できるといいのですが……。

今週で新潟も終わり、次週は京都、2週後は阪神で予定。その後は今年も函館での騎乗になります。次週の京都では、福島で除外になったショウナンタイガで予定。福島の際は追い切りが素晴らしい動きだっただけに、状態面の心配はありますが、直前の追い切りにも乗せていただく予定です。