京都開催最終週は、ここでも期待の程を書かせてもらったショウナンタイガがまさかの惨敗。返し馬ではいい雰囲気で、ゲート裏でも担当の厩務員さんと「イイ感じですね」なんて話していたほど。それが序盤から追いっぱなしの状態に。湿った馬場も合う条件ですし、あんな競馬になるとは驚きでした。考えるなら、初めて着けたチークが逆効果だったことしか考えられないです…。

今週は日曜の阪神で2歳新馬戦に騎乗させていただきます。ゴールドチャリスはこの中間、何度も追い切りに乗せてもらいました。小さい馬ですが、ゲート練習からここまで良い具合に仕上がりました。今週の坂路はラストで時計が掛かってしまいましたが、馬場が荒れた時間帯なので問題ないでしょう。気性的には追うごとにもっとイライラしてくるタイプかと思っていましたが、オンとオフがハッキリしていて問題ありません。早い内から走ってきそうな馬だけに、頑張って欲しいですね。

また、現在は厩舎所属だけに2歳は既に何頭も乗せていただきましたが、楽しみな馬が多いですね。中でもシーニッククルーズというキャロットファームの馬は良い印象でした。もうゲート試験を合格して、放牧に出たようですね。

次週からは函館開催が始まります。僕も次週の調教から参加する予定です。今年は無観客での開催になり、正直なところ、現地の方々にはメリットの薄い点は否めません。だからこそ、ウイルス感染のリスクは避ける行動を心がけ、実りのある夏競馬にできればと思います。