先週から2歳新馬戦がスタート。僕は阪神でゴールドチャリスに乗せていただきましたが、残念ながら上位圏内には、あと少しの4着でした。本来ならもう一列前での競馬をイメージしていましたが、結果的にあの位置からに。ゲート練習の感触では、もっとスーッといけるかと思っていましたが、テンの行きっぷりも思っていたようにはいきませんでしたね。ただ、馬込みで競馬ができたことは収穫。最後は周りの馬をちょっと気にするところがあるので外へ出しましたが、坂を上がってからもしっかり伸びてくれましたね。とにかく気性面のいい馬でオン・オフがハッキリしている点は好感。2歳らしからぬところがありますよ。

競馬のあとは函館へ向かいました。今年は例年より気候が暖かいのかなと思いますが、今の社会情勢を考えると、(調整)ルームにこもってばかりの日々。それでも競馬を開催させてもらえることには感謝しかありません。

まず、土曜函館の函館日刊スポーツ杯ではシゲルベンガルトラに騎乗。追い切りにも乗せていただいたところ、率直に良いイメージ。終いも沈み込むようなフォームでしたし、久々とは思えませんでした。脚質的に開幕週の馬場を懸念するところですが、一概に終い勝負に拘らなくてもいいのでは、という印象を受けています。違った競馬を試みたいですね。

日曜メイン、UHB杯のインスピレーションは金曜の調教で乗せていただく予定で、現時点では未知数な印象。ただ、このクラスでも通用していい存在ではないでしょうか。

他には、土曜新馬のリナーシェはだいぶ前向きさが出てきましたね。スタートセンスもよくて、前向きな気性は新馬向き。スタッフの方も大事に乗ってくれて、口向きも改善されてきましたし、この馬なりに徐々に良くなっていて、使える態勢は整っていますよ。

日曜のゴールドスナイパーは芝かダートか適性は掴みかねていますが、走ることに対する集中力も一定してくると良さそうですね。

先程、ルームにこもっているとは書きましたが、函館競馬場の調整ルームは全10場の中でも一番過ごしやすいんですよね。例年同じ部屋なのですが(笑)、今年は外に出ることを極力避ける形になりますのでより有意義に過ごせればと思います。