函館開幕週の先週はUHB杯のインスピレーションに乗って3着でした。ペースも流れてくれましたが、3コーナーで一度狭くなるところがあり、前が有利な馬場の中で頑張ってくれましたね。噛み合えば突き抜けそうなモノを感じましたし、例年のことかもしれませんが、今年は馬場が硬いだけに多少位置を取りにいっているところはあったので、もっと差しがきく馬場なら、より走れそうです。同じく先週、土曜メインのシゲルベンガルトラは調教よりも実戦で動ききれなかった感。それでも差のないところまで来たように叩いた次は良さそうです。

今週は土曜1Rのゴールドオークに期待しています。前走後はひと息入れて、北海道に来たようですが、洋芝は合いそうなイメージは持っています。追い切りにも乗せていただいたところ、道中でモタれるようなところもあったりと乗り難しいところはありましたが、最後までしっかり動けていました。続けて乗せてもらっているだけになんとか早い内に勝たせたいですね。

STV杯のブルーハワイアンは追い切りの動きを見ると、行きっぷりがかなりいい印象。上手くコントロールしたいですね。

日曜3Rのクリノターハイは速い脚には欠けそうな雰囲気だけに、なるべくペースは上がってほしいところ。8Rのラストプライドワンは一気の距離短縮がポイントですね。慣れがない分、戸惑う可能性も否めませんが、普段は道中で噛んだりとなかなか掴みどころがないタイプ。この距離なら攻めていけると思います。変わり身があっていいとは思っています。

先週からの滞在競馬。もう無観客開催が始まって長いこと経ちましたが、お客さんとの距離がいつも以上に近いのが函館競馬場だけに、改めて寂しさを感じましたね。そんな中で(所属する)武幸四郎厩舎は約2ヶ月ぶりに勝利。僕が乗っていたわけではありませんが、厩舎の一員として嬉しかったですね。僕も早く函館での初勝利を挙げられるよう、週末のレースに気を引き締めて臨みたいです。