先週をもって新潟開催が最後。今週からは京都競馬場で乗ることにしました。京都は改修のため、当面の間、お休みになりますが、僕が初めて競馬場にいったのは京都で、そこで「騎手ってカッコいいな」と感じ、騎手を志したんです。当時はビワハヤヒデが印象的でしたね。笠松にいた頃は自分がこうしてJRAのジョッキーになっていると思いもしませんし、最終週に乗れることは感慨深いものがあります。

今週は土日ともに京都になりますが、まず新馬のヤマニンバルトロは度々乗せていただきましたが、まだ体に緩さがあって、ハミに頼りながら走っていますね。使いつつにはなってきそうです。スワンS(G2)タイムトリップは相手関係がかなり手強い印象。ただ、条件や今の京都の馬場はピッタリ。適性面で一矢報いたいもの。

日曜新馬のラストバリオンは追い切りだけ乗せていただいたところ、態勢は整っているようだったので、サラっとした内容でしたが、いい走りでした。如何にもダート馬らしい雰囲気もありますし、操縦性もいい。多少気性がカリカリした面はありますが、楽しみですね。

栞ステークスのブライトンロックは前回が休み明けとしてはいい内容。もう少し前の位置につけられていれば尚良かったですが、自分で競馬を作れるタイプではありませんからね。リズム良く運んでどこまで上位にこられるか。

先週の競馬でいえば、新馬のトップザビルはどんな競馬になるか、未知数なものでしたが、上手に走ってくれましたね。どちらかといえばダートの方が良さそうですが、懸念していた口向きも問題なかったです。室町ステークスのノーフィアーは手応え良く速い流れについていったものの、最後は脚が上がってしまいました。もう少し自分のリズムで走らせた方が良かったのかもしれません、

ここ最近の他のレースでいえば、菊花賞、秋華賞と同じジョッキーとしては刺激になるレースでした。菊花賞は内がガラ空きでしたし、動こうと思えば動けるところ、福永(祐一)さんは肝が座った騎乗でしたね。秋華賞は3~4コーナーで一時はダメかと思いきや、最後は強い内容。松山(弘平)君もかなりの重圧があったんじゃないかと思いますし、それをはねのけての結果。感動しましたよ。