先週の中京はアコンカグアで2着が最高でした。勝ち馬は流石に強かったのですが、思惑通り外枠を引けて、砂をかぶることなく先行できました。外からピッタリこられたぶん、展開は厳しかったものの、前走の手応え通りに上向いてくれましたね。

この年齢ながら体は大きいのでもう少し絞れたら良いのかもしれませんが、そこは冬場でもありますからね。暖かくなると共に良くなる余地はありそうです。

今週で中京最終週ですね。芝はあれだけ荒れている割に硬さもある印象。それもあって前が残るんじゃないでしょうか。ダートは凍結防止剤の影響でしょう。凄く砂がこびりつくのでダートで使う「板」は多めに用意して乗ったりしていましたよ。ジョッキーによっては砂が付きすぎて、最後は諦めて板をとって乗っている人もいたくらいです。

今週末はきさらぎ賞(G3)アクセルに乗せていただきますが、京成杯はゲートの駐立が悪く、後手を踏んでしまったことを踏まえ、今回はゲートを入念にやってきました。行く馬が他にいそうですが、流れに乗って競馬ができればと思います。

柴山

土曜新馬のリフレーミングは坂路の動きがなかなか。良いモノはもっていそうですよ。土曜5Rのトウカイクラルテは使いつつ上向いてほしいところ。今回は距離短縮に対応してほしいです。

日曜7Rのジチュダケテソーロは戦歴からも、もう少しやれて良さそうなイメージ。遠江ステークスのヒルノサルバドールはブランクこそ気になりますが、実績的に通用していいですよね。

その他の先週のレースですが、ウインメルシーは極度に馬場が合わなかった印象です。ここに入っても掲示板以上の争いはできると期待していたのですが…。

タイガーインディは結果的に距離が長かったかもしれません。ベストはやっぱり1400mかなと思うところ。今後は一旦ひと息入れるようです。メイショウボサツは力を出しきれず、申し訳無い競馬になってしまいました…。他にアテにしていた馬がいて、もっと動いていってくれると思ったのですが、その間に勝ち馬には上手く動かれていました。結果的には向こう正面で良い位置をとっていくべきでした。

ヤマニンプティパは聞いていたより精神面の課題も良くなっていましたね。少頭数とはいえ、それなりにメドのつく競馬でしたし、本質的には1400mでも良いと思うくらい。ダートに向かう可能性もありそうですが、いずれにせよこのクラスでも上を目指していきたいです。