先週も話題にさせていただきましたが、前週は数多くの調教師、騎手の方が引退前の最後の出走に。中でも蛯名(正義)さんは凄くカッコよかったですね。最後まで蛯名さんらしい熱い騎乗でしたし、本音を言うと未勝利戦(シルバースピリット)の馬も枠が外でしたし、勝ち切るとは思っていなかったんです。それが藤沢和雄先生、嶋田賢オーナーと蛯名さんにも縁のあるチームでの勝利。久々に「競馬のライン・繋がり」を感じる結果で僕も感動しました。

今週からは新人騎手や調教師の方がデビュー。特にジョッキーたちはどんな騎乗をしてくるのか、楽しみです。調教師では四位(洋文)さんのような大先輩もいれば、畑端(省吾)さんや田中克典さんのように元ジョッキーも多数。畑端さんは自ら調教にも乗っていましたが、凄く楽しそうで新人騎手かのようなイキイキとした姿が印象的でした。

今週土日も阪神で乗ります。2Rのアスクヴィグラスは既走馬相手でもありますし、トモの緩さも残る現状。もう少し使いつつかもしれません。4Rのトウカイクラルテはパンパンの阪神の馬場は不向きですが、金曜の雨で多少でも馬場が柔らかくなってほしいですね。

日曜1Rのレイワプリンセスは前回がいい競馬でした。どちらかといえばまだスムーズにリズム良く走らせた方がいいと思うだけに外枠の方が理想ですが、厩舎からは前回を使った上積みはあると聞いています。相手関係からも前回先着された2着馬が手強いだけに、そこを意識しつつ逆転を狙っていきたいです。

先週の競馬では、すみれSのディープモンスターが落鉄していることを他のジョッキーが指摘したというニュースを目にしました。落鉄は基本的にレース中というよりは返し馬の馬場入りやゲートを出した際、または馬を止める時に起きやすいもの。フットワークが大きい時より小さい時の方が引っ掛けやすいんですよね。だから発走委員の人なんかがレース前に(蹄)鉄が落ちているのを発見したら、ジョッキーたちに伝えて輪乗りの最中に皆で落鉄してないか、チェックし合ったりするんですよね。

福島開催が中止という残念なニュースも伝わってきましたが、次週も阪神で騎乗。休み明けで勝ちきってくれたタイガーサイレンスに乗せていただきます。