先週はメイショウボサツが3着と頑張ってくれました。思いの外、先行できたとはいえ、驚きと少々不安も。というのも、もともとは折り合いが難しいといわれていた馬ですからね。

ただ、そんなところもなく運べましたし、最後にジリっぽいところはあるのですが、休み明けながらも頑張ってくれました。気難しいところは相変わらずでなかなか勝ち切るには計算し辛いところは否めませんが、左回りが合っている馬。次週の中京を予定しているので引き続き期待したいです!

今週から2歳新馬戦が始まり、土日ともに乗れるチャンスをいただきました。土曜5Rのクロニクルノヴァはある程度、調教の本数もこなしており、態勢はできていると思います。まだ体の緩いところがあって沈んでほしいところで浮ついて走ってしまうだけに、道悪になると厳しいかもしれません。

日曜5Rのタガノディパートゥはゲート試験もすぐに受かったり、気性も前向きで優等生といったイメージ。こちらは調教の過程から使ってからの方が良さそうですが、馬場が渋っても苦にしないんじゃないかと見ています。

3歳未勝利のナムラハカはワンペースっぽいところが兄弟のナムラゴロフキンに通じるところですね。溜めるよりも前々でいければと思います。

先週で日本ダービーが終わりましたが、見応えのあるレースだったなと感じます。しかも勝ったのは福永(祐一)さんと藤原英昭先生ということで、チームの結束力を感じさせる馬での勝利。

藤原英先生も日頃から走る馬でも、結果が出ていない馬でもどうしたら良いか、良い意味でフラットに考えているイメージ。G1だから、走る馬だからといって色めき立つのではなく、どんな馬でもパフォーマンスを上げるためにどうすべきかを熱心に話されている印象を受けますね。その積み重ねがあってこそ、ダービー2勝という結果も残せるのだと感じました。

先程も書きましたが、次週は中京でメイショウボサツに乗せていただくということで、今年は久々に北海道ではなく栗東トレセンに拠点を置いて、中京・阪神・小倉で乗っていくことになりました。また心機一転頑張っていきたいですね。