今週から北海道シリーズが始まりますが、既にお伝えした通り、今年は栗東に残ることになりました。「アレっ、何でいるの?」と聞かれることも多々。僕も違和感はありますが、本州の暑さに負けじとやっていきたいです。

日曜は中京で騎乗します。メイショウボサツは追い切りに乗せていただいたところ、動きも良かったですし、使った上積みを感じました。ハンデは背負うだろうと思っていたので仕方のないところ。勝ち味に遅い面はありますが、馬場は多少渋ってもいいタイプで雨予報も歓迎。競馬の幅も広がってきた今なら好勝負を期待しています!

先週の競馬では、クロニクルノヴァは頑張ってくれましたね。最後までジワジワと伸びてくれましたし、馬込みも問題ないタイプ。理想をいえばパンパンの馬場の方が良かったですが、中2週で阪神に使うことになると思います。

ナムラハカは兄のナムラゴロフキンと同様、中京で一発があるかと思いました。4コーナーの手応えではやったかと思ったほど。ただ、そこから頭を上げて、耳を絞って気の悪さを出してしまいましたね。お兄さんとはまた違った気の難しさがあります。

タガノディパートゥは外枠にも関わらず、周りの馬を怖がって右に、右に逃げていましたね。トレセンではそんなことがなかったのに、返し馬から凄く怖がっていました。こちらの新馬は一旦放牧を挟むようです。

僕としてもこの時季のトレセンは不慣れなものではありますが、北海道に人も馬も大挙移動したことでちょっとでも調教の時間がズレると非常にガランとした雰囲気になりますね。

ちなみに次週は久しぶりに東京で騎乗予定です。