今週は土日ともに福島での騎乗になります。

まず、土曜の土湯温泉特別からアサケレディは新潟に続いての騎乗。テンの速さがないだけにあまり内枠過ぎるとどうか、というところはあるのですが、追って切れるというよりはしぶといタイプ。福島替わりはプラスになりそうです。勝負所で置かれるような面もあるだけに気を付けて乗りたいところ。理想は何かが行ってくれて、その後ろに付けたいですね。

日曜のセルゼは追い切りをやるごとに上向いてきています。まだ教えていくことはありますが、徐々にモノになっていってほしいところです。

タガノクリステルは気難しいところがある雰囲気ですが、距離延長はプラスに働きそう。前進気勢が足りないところもあるので、この距離で積極的な競馬ができれば理想です。

高湯温泉特別のタカラネイビーも福島替わりに期待。スローにするよりはハナを切ってある程度、流していくくらいでもいいかと思うほどです。

先週の阪神では2歳未勝利で4着だったテイエムビシャモンはダートに替わってももうひと押しがありませんでした。内々で運んだだけに、初ダートで砂を嫌がっているのかと思いましたが、実際そうでもないようでしたね。次は距離を延ばすようなので、ダートはダートでももう少し長い距離で今度こそ変わり身を見込みたいものです。

2週前の新潟では、熊沢(重文)さんが障害レースの歴代最多勝記録を更新されましたね。特に関西に来てからは汗取りの場所で顔を会わせることが増えて、話を伺う機会もあったのですが、あれだけのベテランでも相当鍛えているはずの体つきをされているのが印象的。

トレセンでも精力的ですし、乗る馬がたとえいなくても顔を出されて、乗る馬がいないかとチャンスを求めている姿勢は見習わなくてはいけないところ。

障害レースでケガも絶えないもの。ご本人も「折ったことのない場所はないんじゃないか」と冗談っぽく言っていましたが、何度も復帰する精神力の強さには頭が下がるものです。