いよいよ今年も最後の開催になりますが、阪神で乗せていただきます。まず未勝利戦のタイキバンディエラは腰の緩さがあったり、体力面の課題からこれからの馬だと思います。1200mになってメリハリのついた競馬を覚えていってほしいところ。

2歳1勝クラスのフィフティシェビーは前走のダートでも自分で動いていって最後まで粘っていましたね。ダートが合いそうな印象もありますし、ここでも頑張ってほしい。

フォーチュンカップのサトノフォースは状態が良いとは聞いています。これが今年最後の騎乗になりますし、ベストを尽くしたいもの。

日曜の阪神ではサンマルエンパイアが6着。向こう正面でペースが遅く良いリズムで上がっていけたのですが、4コーナーで他馬に早めにこられたのは堪えましたね。バッタリとは止まらず頑張ってくれてはいますが、あそこが自分のリズムでいけたらというところでした。

新馬のリアルモンスターは戦前に取り上げた通り、ゲートの音に怖がったり、砂を被ったら頭を上げたりと精神面の弱さを露呈してしまいました。走る能力自体は持っていると思うだけに精神面の課題は早めに対応しないといけないものです。

2021年は色々と厳しい一年になりました。その中でも終盤に勝たせてもらい、来年へ向けて繋がる部分もあったのかと思います。チャンスのある馬を任せてもらった時に結果が出せるよう日頃からしっかり準備していきたいものです。

なかなか競馬場の光景は以前のような賑わいとはなりませんが、今年一年も応援ありがとうございました。皆さんも、よい年末年始をお過ごしください。年明けは中京、小倉が始まったら小倉開催で乗っていく予定です。