先週は高松宮記念(G1)ファストフォースに騎乗させていただきました。結果、着差は僅かだっただけに悔しい部分もありますが、レース前の考えとしてはもっと先行したかったところ。行かせようとしてもなかなか行けなかったですね……。もう少し枠が内だったら、もっと馬場が悪かったらという思いもありますが、懸念されていた止める面を出さずに走ってくれました。

エイシンアメンラーは故障明けで脚元に配慮しつつの調整だったことを思えば頑張ってくれましたね。使っていけばよくなりそうです。

今週は阪神でトップザビルに乗せていただきます。

勝った時はもの凄い脚を使ってくれた一方、モマれ弱さなどもあって極端な競馬でこそ、というタイプ。ただ、今回は同じ後ろからでも多少位置取りなどを意識したり、道中でマクるかなど考慮したいと思います。馬の方は2走前に乗せていただいた時よりトレセンでの気配は良いようなので、その点にも期待しています。

聞けばアメリカンファラオ産駒自体、能力がある一方で、こうしたムラっ気もあるようですが、昇級を決めた内容からすると、牝馬限定なら通用してもいいもの。戦歴が安定しないことは否めない部分もあるのですが、何とか噛み合ってほしいです。

先週の競馬でいえば、高松宮記念ではナランフレグに騎乗したマルちゃん(丸田恭介騎手)が勝ったことは昔、美浦にいた身としては励みになりました。ちょうど宮記念の当日も汗取りでお風呂に入ったタイミングが同じだったんですよね。

G1初勝利が師匠である宗像義忠先生の管理馬であることも今の時代では珍しいですね。宗像先生も凄く優しい方で、僕らジョッキーに対しても騎乗内容を任せてくれるイメージ。過去には活躍馬も手掛けられていましたし、てっきりG1を勝たれていたと思っていただけに初勝利とは意外でしたが、弟子での勝ち星は感慨深いのではないでしょうか。

吉田豊さんもドバイターフを勝たれたことには感動しましたね。しかも、あの(ランフランコ)デットーリと同着での勝利。僕だったら一生の思い出になりそうなくらいの凄いレースでしたね。(吉田)豊さんは美浦にいた頃、深い交流があった訳ではないものの、真面目で職人肌といった人柄で好きな・・・いや、大好きな先輩の一人です。大怪我も経験して、そこから這い上がっての勝利には感動しましたね。

改めて競馬は乗らないとチャンスはないと感じさせられた次第で、仕事に対しても刺激になりました。