先週は東京、福島と移って騎乗しましたが、期待していたショウナンアレスは6着でした。東京コースらしくペースが落ち着いて、周りに囲まれるような隊列でもあり、前半は力んだ面も見受けられました。直線でも抜け出したいところで抜け切れず、惜しい内容でした。本質的にはもう少し流れるコースの方が合っているとも感じました。しかし、この内容でも差のない走りをしてくれた通り、3勝クラスに入っても通用しますね。

久々に乗った東京コースは水分を含んでいて、クッション的にはちょうど良く感じるものの、時計が出るのは開幕週らしいところでした。

本来より開催日程がズレた福島は今週が最終週。土日で騎乗します。

土曜最終レースのヒルノアントラは前走が期待以上の走りをみせてくれました。ただ、勝ちに行くと甘くなるようなところはありますし、前走のようにペースが流れた中で長く脚を使えれば理想です。

日曜メインのダンツキャッスルはアンミツさん(安藤光彰調教助手・元騎手)が追い切りをつけていて「久々の分、まだ重さがある」といった話を聞いていたところ、実際に乗せていただくと思った以上に動けていました。さすがに長期休養明けの分は否めないものの、過去に走っていただけある馬という感触。いい走りをしてほしいですね。

世間は金曜日からゴールデンウイーク。渋滞や混雑を配慮して、早めの移動を心掛けましたが、思いの他、空いていましたね。やっぱりまだまだコロナ禍という影響を感じたものです。