先週の福島ではヒルノアントラで2着がありましたが、相手が強かったですね。4コーナーでの手応えが良かったので、もう少し伸びて良さそうなところでしたが、そこは自分からというタイプではないので、周りの馬の手応えとの兼ね合いもありますからね。それでも2戦続けて好走と福島も合っているのだなと感じます。

ダンツキャッスルは想定とは違った位置になってしまいましたし、内に押し込められるような形になったことで走る気を起こしてくれなかったと思います。向こう正面でペースが速くなったらついていけませんでしたし、休み明けが響いたとはいえ、乗った感触ほど走れていないというのが本音ですね。

今週から新潟開催。土曜は新潟で騎乗予定でしたが、除外のため残念ながら予定がなくなってしまいました。

日曜は中京で騎乗しますが、鞍馬Sのビップウインクは前走がもっと元気のいい馬というはずが、実際にレースへ行くと大人し過ぎて競馬にならなかったそう。オープンでも実績が確立されていない立場ですが、ひと息入れたことで立ち直って欲しいですね。

週末といえば、アメリカではケンタッキーダービー(G1)に日本の陣営が挑戦。僕はもともと地方競馬の出身ですが、昔の地方にとってアメリカ競馬なんていったら遠い世界でした。騎手の乗り方、馬にもいえるもの。それが今はアメリカだけじゃなく海外遠征も当たり前ですからね。凄い時代になったと思わされます。クラウンプライドに騎乗するクリストフ(ルメール)には何とか一発見せて欲しい思いですね。

なお、次週は中京で騎乗することになりそうです。