先週は関東馬キージュピターで2着がありました。かなりズブい馬でしたね。まだまだ背腰の甘さがある分、エンジンの掛かりが遅くて4コーナーではグッときてくれましたが、展開に多少恵まれた面もあるとはいえよく頑張ってくれました。

オープンクラスの鞍馬Sに挑んだビップウインクは壁を作って運んでほしいとの指示でしたが、外から来た馬にひるむ面もあり、後手、後手の競馬に。馬場もこの馬には速過ぎた感もありましたし、条件次第では巻き返せそうな印象は受けました。

今週も中京で乗ります。日曜の未勝利戦に挑むラミアヴィータはこの中間も在厩での調整。何とか芝に使おうと視野に入れてやってきて、待望の出走。それ故に結果を残したいタイミングではありますが、馬場に関してはあまり渋り過ぎるようだと心配ですね。しかし、若駒ながらも状態面は何とかキープできていますし、ブリンカーも試すだけに変わり身を見込みたいところです。ここまでの成績は芳しくありませんが、不安よりも楽しみを持てる能力の持ち主だと僕は思っています。

最終レースのトップザビルはモマれ弱さがネックで安定しませんが、まさかの少頭数だけにここは巻き返したいところ。勝ち鞍のある中京でもありますし、1勝クラスを制した際の末脚が引き出せれば、能力的に通用しておかしくない存在という評価には変わりありません。

次週は中京での騎乗予定ですが、ここのところ制限も緩和されて、競馬場の光景も徐々に変わってきたところ。やっぱりファンのいる競馬場はありがたいなと思いますし、早くその中で先頭でゴールをしたいですね。