札幌2週目は土曜に7鞍の騎乗依頼をいただけました。2場開催と限られる中で、これだけ乗れるのはありがたいですね。土曜の3歳未勝利からスズカレジェンドは精神面に課題がある印象。どれだけ走ることに集中できるか、いやいや走らないかという不安はあるのですが、乗り味自体は悪くないです。先週の予定を延ばしてここにスライドした分もプラス材料。トビが大きいこともあり、外目からスンナリ流れに乗れるようならばひょっとするかもしれません。

キングオブザナイルはまだ子供っぽさもあって、周りの馬の動きにも敏感。ただ、未勝利で終わるような素質ではないと思います。あとは性格的な面が実戦にいってどう出るか、というところでしょうか。

アニージョは追い切りの動きはよくて、態勢は整った感。あとは1勝クラスでの力関係が未知数なので、メドを立てていきたいです。

おおぞら特別パイプラインは中間の様子はわかりませんが、何と言ってもこのコースで連勝した実績があるだけに期待です。どうしても芝スタートだとダッシュがきかないのですが、この舞台ならそんなこともないはず。前々から積極的なレース運びをイメージしています。

日曜のヤマニンクイッカーは惜しい競馬が続いているだけに何とかしたいところ。決してハナに拘るわけでもないので、あとは枠順や相手関係ですね。

札幌道新スポーツ賞シティレインボーは函館開催中に追い切りで乗せてもらいました。普通キャンターも乗れたように、言われているほど難しい印象は受けなかったのですが、レースに行くとどうでしょうか。ただ、能力を感じさせる走りをしているだけに上手く噛み合って欲しいです。

先週の競馬ではヤマニンプティパは5着でした。スタートは失敗しましたし、道中はモマれる形で前向きさに欠けたものの、外に出してからはよく来てくれました。理想を言えばモマれない形ですが、収穫のある一戦でしたね。

ヤマニンペダラーダは攻め馬の雰囲気と違いましたね。なかなか進んでいかないし、ハミをとってくれませんでした。

ロードオブザチェコは勝ち馬に早めにこられる形が苦しかったですね。ただ、一連からはレースぶりも良化しましたし、福島で使った直後と思えば状態面もまだまだ上積みがありそうです。

ラミアヴィータは「ハナへ」という指示。開幕週の外枠から行き切って、よく頑張ってくれたと思います。