騎乗停止の余波もあけ、今週の乗鞍はマズマズ。来週土曜なんかは新潟へ行く予定ですが、着実に結果を残していきたいところです。

まず、土曜の府中牝馬ステークス(G2)ではバンゴールに乗せていただきます!ずいぶん昔に乗せていただいていた馬で、当時から将来は良くなってくるな、と期待していました。先週、追い切りに乗せてもらったところ、しっかりしてきた印象は受けましたよ。正直、G1のような……かなり手強いメンツなのは確か。でも、昔の印象からもこれくらいの相手にやれても不思議ではない……そんな期待は持っているんです。ただ、理想をいえば、良馬場の方が良いはず。乗り方としても強引に外を回していくよりはじっくり運んで瞬発力を活かすようなタイプだと思っています。年齢を重ね、本格化した今、乗せてもらえるので、頑張りたいですね。

バンゴール

前走でオープン入りを決めたバンゴール

土曜東京1R(2歳未勝利)にはオモウツボに続けて乗ります。これはダート替わりがプラスになると思いますよ。6R(3歳上500万下)のサーデュークは、未勝利では勝ち味に遅かったものの、このクラスでやれてもと思いますけどね。

日曜東京の新馬2頭はいずれも追い切りに乗りました。3Rのクリームヒルトは牝馬らしい前向きさというか、カリカリした面がありますね。それだけに、新馬向きとも言えます。カヴァルは対照的におっとりとしたタイプ。先週、しっかりやってようやく上向いてきた感がありますが、ポワンとしたところがありますね。競馬にいって、どう変わってくれるか期待しています。7R(3歳上500万下)のポントスは展開頼みな面もありますが、やれて不思議ではないんですよね。流れが向いてくれれば。

オクトーバーSのクラリティスカイは2週続けて追い切りに騎乗。先生とも話していますが、溜めて伸ばすよりは積極的な競馬をイメージしています。状態そのものは良いだけに、持ち味を活かしたいです。最終レースのカービングパスは休み明けですが、状態は良いですね。速い馬場よりは時計が掛かってくれた方がイイでしょう。現状、小回りの千二より、千四の広いコースに替わる点も乗りやすいと見ています。

柴山雄一

クラリティスカイの調教に騎乗する柴山騎手

ちなみに、先週終了時点の東京芝は……正直掴みづらい(^_^;) 前も残るけれど、大外からは差し辛い。要は良い馬場なのでしょうね。展開次第だと思います。

レース回顧もします。カトルラポールはいかにも休み明け。最後は息切れしたような感じでした。トランスパレントは追い切りで良い感触を掴んでいたものの、全く競馬に気が乗っていなかったです。最後の直線の坂を駆け上がって、ようやく脚を使った程度。もう少し長い距離で、叩いて変わってくれると期待したいところです。こんな馬じゃないでしょうからね。もともと繊細さもある馬で、今回はウィークポイントが出てしまっただけです。ペルルクロシュは良い競馬が出来ました。勝ち馬はスムーズでしたし、その差はありましたが、内容そのものは悪くありません。あの条件なら、やはり走りますね。

※次回は10月20日(金)に更新予定です!